小論文は練習しなくていい!「4つの型」で書く小論文の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校受験、大学受験、入社試験、昇進試験……。

人生において、「小論文」を書かされるシーンは意外に多いもの。ただ、そのたびに、あわてて小論文の書き方を調べている人も多いのではないでしょうか。

そして、次のような結論にいたって落胆するわけです。

「小論文を書くには、やっぱり、日頃から練習しないとダメだよな……」。

じつは、そんなことありません。小論文を書くには、練習よりも大事なことがあります。

それは、小論文を書く際に必要となる「4つの型」を覚えておくこと。型があれば、誰でも小論文を書くことができます。

では、その4つの型とはどのようなものなのでしょうか。詳しく見てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小論文と作文(感想文)の違い

「小論文って、結局、作文がうまくなければ書けないんでしょ?」

そのように誤解している人はいませんか? 小論文と作文は、似て非なるもの。作文が苦手な人でも、小論文を書くことはできます

そもそも、小論文と作文には、次のような違いがあります。

  • 小論文:自分の意見を主張する文章(=考えたこと)
  • 作文(感想文):自分の感想を述べる文章(=感じたこと)

どちらも文章であることに変わりはありませんが、最大の違いは、「自分の意見や主張があるかどうか」です。

自分の意見や主張のことを「論」と言います。つまり、「論」があるかどうかで、小論文なのか、作文なのかが決まるということですね。

ちなみに、小論文と普通の論文の違いは、長さの違いです。通常、大学入試で出題される小論文の場合、500〜1000文字ほどが目安になります。

小論文の問題を見てみよう

次に、小論文の出題例について見ていきましょう。代表的な小論文の問題には、次のようなものがあります。

  1. ◯◯について、あなたの意見を述べなさい。
  2. 文章を読み、あなたの考えを論じなさい。

1の出題は、ある特定の分野に関してあなたが知っていることをベースに、意見を組み立てていく小論文です。

2の出題は、提示されている文章を読み、あなたの意見を組み立てていく小論文です。こちらは、文章の要約が求められる場合もあります。

ほとんどの小論文は、この1と2に大別されます。いずれにしても、前提となる背景知識さえあれば、誰にでも書けます。

しかも、前提となる背景知識に関しては、普段の勉強で十分に身につきます。小論文のために、特別な勉強をする必要はありません。

小論文対策で知っておくべき4つの型

では、小論文対策はなにをすればいいのでしょうか?

やるべきことはたったひとつ。それは、「4つの型」を覚えておく、ということです。

その4つの型とは、次のとおりです。

①「結論」:問題に対する自分の意見を提示する。
(例:私は◯◯に反対である)

②「反対意見へのフォロー」:反対意見にふれ、その根拠を否定する。
(例:たしかに◯◯にも……。しかし……)

③「根拠」:意見の根拠を3つ提示する。
(例:そのうえで、私が◯◯に反対する理由は3つある。1つ目は……)

④「まとめ(再結論)」:言い方を変えて、自分の意見を提示する。
(例:以上のことから、私は◯◯をするべきではないと考える)

4つの型を見てもらうとわかるように、小論文は、筋道を立てて自分の考えを示すことが大切です。

そのときに求められるのは、客観性のある根拠に基づく、一貫性のある、自分なりの意見です。

4つの型に従い、必要な項目を埋めていけば、そのような基本をふまえた小論文を書くことができます。

ちなみに、文章量がオーバーしてしまうときは、「②反対意見へのフォロー」を省いても問題ありません。

小論文に書いてはいけないこと

「なるほど、うんうん。小論文と作文の違いも理解したし、型も把握した。さっそく書いてみよう」。

ちょっと待って! その前に、あらためて、小論文に書いてはいけないことをおさらいしておきましょう。

小論文と作文の違いは、

  • 小論文:自分の意見を主張する文章(=考えたこと)
  • 作文(感想文):自分の感想を述べる文章(=感じたこと)

ということでした。

この違いを踏まえると、小論文に書いてはいけないことは、

  • 自分が感じたこと
  • 感情がベースの主張
  • 主観的な根拠に基づく意見

となります。

いくら小論文が自分の意見を主張する文章であるとはいえ、自分が感じたこと、感情がベースの主張、主観的な根拠に基づく意見を書いてはダメです。

なぜなら小論文には「読み手(採点者)」がおり、その読み手が求めているのはあなたの感想ではなく、客観的な根拠に基づく意見だからです。

「私がこう考えたのだから、それでいい」。

そのような発想では、相手を説得することはできません。あくまでも、客観的な根拠に基づく意見を提示してこそ、相手が納得する小論文になるのです。

「意見」と「感想」は明確に異なります。この場合の意見とは、客観的な根拠に基づくものであり、感想は主観的ものとして感じたこと(感情)なのです。

その違いを、きちんと認識しておきましょう。

まとめ

小論文と作文の違いは、

  • 小論文:自分の意見を主張する文章(=考えたこと)
  • 作文(感想文):自分の感想を述べる文章(=感じたこと)

小論文の「4つの型」とは、

①「結論」:問題に対する自分の意見を提示する。

(例:私は◯◯に反対である)

②「反対意見へのフォロー」:反対意見にふれ、その根拠を否定する。

(例:たしかに◯◯にも……。しかし……)

③「根拠」:意見の根拠を3つ提示する。

(例:そのうえで、私が◯◯に反対する理由は3つある。1つ目は……)

④「まとめ(再結論)」:言い方を変えて、自分の意見を提示する。

(例:以上のことから、私は◯◯をするべきではないと考える)

小論文に書いてはいけないことは、

  • 自分が感じたこと
  • 感情がベースの主張
  • 主観的な根拠に基づく意見

これだけ覚えておけば、小論文対策はバッチリです。幸運を。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.