結論から書けば文章はわかりやすくなる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「結論を先に書く」ことの重要性について解説しています。  

「結論が先」と起承転結

結論を先に書くと「この文章はなにが言いたいのか?」が明らかになります。ふつう、文章の構成は「起承転結」がいいとされています。しかし、情報があふれている現代においては、結論を先にもってくるほうが親切です。読みすすめてもらえる可能性も高まります。

「結論が先」の具体例

A(改善前)

ここ数年。社会のニーズが変化している。お客さまの趣味・嗜好も変わっているようだ。競合他社の戦略をみてみると、その多くが、新しい事業へと積極的に参入している。本業の儲けをうまく活用しているのだ。そこで弊社でも、新規プロジェクトの立ち上げを検討してはいかがか?

→前段が長いために、「結局、なにがいいたいの?」と感じさせてしまいます。また、わかりきったことをクドクドと説明されると、読み手が途中で飽きてしまうことも。

B(改善後)

新規プロジェクトの立ち上げを提案する。理由は3つある。1つ、社会のニーズが変わっていること。お客さまの趣味・嗜好も同様だ。2つ、競合他社の動向。戦略的に新規事業へと参入している。3つ、本業の儲けを遊ばせている現状がある。以上のことから、私は新規事業の立ち上げを提案する。

→結論が先にあることで、言いたいことがハッキリしています。また、文章全体の趣旨がひと目でわかる構成なので、読み進めるのが苦になりません。

全体の構成は結論+起承転結

結論から先に書くときのポイントは、まず、「結論」と「根拠」をピックアップしてしまうことです。「言いたいこと」を明らかにして、「なぜそう考えるに至ったのか」をいくつかあげてみる。箇条書きでもいいので、紙に落とし込んでおくと、文章が書きやすくなります。

あとは、メモを見ながら、「結論+起承転結」で文章全体を構成していくだけです。「起承転」の部分で悩んでしまう場合には、例題のように根拠を羅列するだけでも構いません。最後の再結論の部分で言い回しを変えると、よりインパクトが強まります。

「結論→事例→まとめ」という構成も

「結論+起承転結」という構成に負担を感じる場合は、「結論→根拠・事例→まとめ」がオススメです。何が言いたいのかを先に置き、その根拠となる考えや事例を並べる。そして最後にまとめを書きます。

いずれにしても、大切なのは「最初」と「最後」です。どこに力を入れるべきか迷ってしまったら、最初の結論と、最後のまとめに注力しましょう。「竜頭蛇尾」「終わりよければすべてよし」のいずれにもにならないように、工夫したいところです。

≫文章の基礎知識に戻る

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.