どこで改行すればいいのかわからない! 改行のルールとコツ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改行,ルール,コツ

文章を書いていて悩むのが、「どこで改行すればいいのか」ということ。明確なルールがあるわけでもなく、「文章のまとまりごとに改行する」など、ふわっとした基準しかありません。

明確なルールがあれば迷うこともないのですが、文章というものが芸術的な要素もふくんでいるため、「決めること自体がヤボ」という雰囲気もあるようです。書き手としては困ります。

そこで今回は、改行のコツとルールについて考えてみたいと思います。たとえ正規の基準がなくても、自分なりの指針さえあれば、これから先、改行で悩むことはなくなります。

改行とはなにか

そもそも改行とはなんでしょうか。言葉のとおり、「行をあらためること」です。原稿用紙であれば、「。」を区切りとして、1字下げをしつつ新しい行に文章を書き進めること。

ワープロやパソコンであれば、同じく「。」を区切りとして、エンターキーを入力してあたらしい行に文章を書き進めることです。Web媒体などでは、1字下げをしないこともあります。

当サイトの場合には、おおむね2行ごとに改行しています。また、視認性を考慮して、1字下げはしていません(一部、行っている記事もあります)。すべては読みやすさのためです。

よくある改行の種類

改行のタイミングとして考えられるのは、次のとおりです。

  • 主張が変わるとき
  • シーンが変わるとき
  • 会話文を挿入するとき
  • センテンス(「。」の区切り)ごと
  • 段落(文章のまとまり)ごと
  • その他、文章のリズムづくりなど

どのルールを採用するかによって、改行のタイミングも異なります。それが、改行について明確なルールがないという意味なのです。ですので、正解を探していると苦しくなります。

冒頭でも述べましたが、大切なのは自分なりのルールをもって改行すること、です。また、つねに同じルールで改行する必要はありません。書く文章ごとに、使い分けてもいいのです。

改行の基本ルール

そのうえで、改行の基本ルールを考えてみましょう。おおむね、次の3つのルールをふまえておけば問題ありません。

1.媒体ごとに最適化する

文章の目的は「読者に読んでもらうこと」です。読まれない文章に価値はありません。ですので、改行のルールについても、媒体ごとに調整することが求められます。

たとえば、論文やレポートなど、少しかたい文章の場合には、改行は少なくていいでしょう。一方で、Webや初心者向けのビジネス書であれば、改行が多めのほうが好まれます。

2.視認性を意識する

媒体ごとに改行を工夫する際に、意識したいのは「視認性」です。視認性とは、目で見たときの確認のしやすさです。全体を文字の羅列として見たときの、視認性を考慮しましょう。

まったく改行がない文章を見てみるとわかりますが、全体が黒っぽく見え、とても読む気になれません。また、改行が多すぎる文章は白っぽく見え、稚拙な印象を与えてしまいます。

3.意味をとりやすくする

視認性を考慮したうえで、さらに、意味のとりやすさについても配慮しましょう。意味のとりやすさとはつまり、文章の前後関係を明らかにすることです。そのために改行をつかいます。

たとえば、「今日は寒い。なぜなら寒波が到来してるから。」という文章に、改行は必要ありません。しかし、「さて本題に入るが……」と続けるなら、改行したほうがいいでしょう。

すべては読者のために

このように、改行のポイントとなるのは“読者”です。読者にとって読みやすいかどうか、わかりやすいかどうかを考慮して、改行するかどうかを決めます。これが改行のルールです。

なぜ読者に配慮しなければならないのか。それは、すべての文章がコミュニケーションのためのツールだからです。個人的なメモや日記をのぞいて、すべては伝達のためのもの。

だからこそ、読者を基準にして、改行を行うのがベストなのです。改行に迷ってしまったときには、第三者の視点から「読みやすいか」「わかりやすいか」と考えてみましょう。

実地で文章力を高めよう!

コツをマスターしたら、実地で書いてみましょう。

最近では、クラウドソーシングと呼ばれるサイトから、簡単に文章作成やロゴ、デザインを受注できます。もちろん発注も可能です。ちょっとした副収入にもなるので、まずは登録だけでも済ませましょう。登録無料です。

代表的なものとして、大手のランサーズBizseekがオススメです。安心して利用できます。すぐに登録でき、仕事をはじめられるので手っ取り早いですね。価格も数百円~数万円まで幅広いのが特徴です。案件数もかなりあるので、受注・発注ともに活用できます。無料登録だけでもしておきましょう。

ライティングはもちろんのこと、さまざまなスキルを売買できるココナラもオススメです。 

お手軽さでは 文章書いてお金をもらおう♪(Shinobiライティング)や、ネットバイトで案件数No.1ライティングサービス『REPO』もいいですね。まずは登録だけしておいて、時間が空いたら記事を書いてみましょう。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.