読まれる文章の冒頭(書き出し)には4つの要素がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章,冒頭,書き出し

 文章の冒頭(書き出し)に何を書くのか。

 それによって、文章全体を読んでもらえるかどうかが決まります。そのため、文章の冒頭はとても大事です。

 『よくわかる文章表現の技術〈2〉文章構成編 (新版)』には次のように書かれています。

書き出しは、初対面の人との第一印象に相当し、情報過多の現代社会にあって、自分の書いた文章を最後まで読んでもらうためにもっとも工夫を要するところである。

 たとえば、100人の男女が参加するお見合いパーティーがあったとしましょう。それこそ、出会いのチャンスはいくらでもあります。

 そのようなシーンにおいて、もし、みすぼらしく、汚らしい人がいたとしたら。きっと、誰からも相手にされないことでしょう。

 文章もまた同様です。

文章の冒頭(書き出し)に書くべき4つのこと

 では、具体的に、文章の冒頭には何を書けばいいのでしょうか。

 同書では、「魅力的な書き出しに必要なポイント」として、次の4点を挙げています。

(1)情報の共有

(2)情報の空白

(3)共感できる内容

(4)意外性のある内容

 冒頭で、どんな情報を提供するつもりなのかを提示する(情報の共有)だけでなく、読者が知らないであろうことが文中にあることを匂わせる(情報の空白)。

 そして、知識・情報レベルだけでなく、感情レベルでも共感できるような題材を選び、好感度を高めるためにできるだけ肯定的に書いていく(共感できる内容)。

 さらに、一般に当たり前のこととして考えられ、見すごされてきた事実に着眼し、そこから論を展開していく(意外性のある内容)ことが、求められるというわけです。

読まれる冒頭(書き出し)の具体例

 たとえば、同書で紹介されている事例のうち、「続きを読んでみたい」という回答が多かった書き出しは次のとおりです。

・「参加することに意義がある」一体誰がこんな事を言いだしたのだろう。

・「ピン札」という言葉が嫌いだ。

 一方で、「続きを読む気がしない」という回答が多かった書き出しは次のとおりです。

・私がなんかおかしいな、と思う言葉はいくつかある。

・「嫌いなことば」についてレポートを書くにあたり、まず私の中にある「ことば」の捉え方について付記しておきたい。

 前者には、「そうだ!」「たしかに!」という共感や、「えっ、どういうこと?」「なんで?」といった意外性があります。

 しかし後者には共感ポイントや意外性がなく、私的な内容となっているため、「だからどうした」「どうでもいいよ」といったネガティブな感想をもたれ兼ねません。

 文章の冒頭、書き出し、リード文を書くのが苦手な方は、これら4つのポイントをぜひ意識してみてください。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.