原稿用紙の使い方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原稿用紙の使い方について解説しています。

原稿用紙とは

原稿用紙とは、文章を書くための用紙のことです。タテ20字・ヨコ20行の400百字詰め原稿用紙と、タテ20字・ヨコ10行の200字詰め原稿用紙(ペラ)があります。文字数が数えやすいのが特徴で、タイプライターやワープロ、パソコンが誕生する前は広く一般的に使われていました。

Wordを使う場合でも、「ページレイアウト」→「原稿用紙設定」から設定すれば、原稿用紙の体裁で文章を書くことができます。

原稿用紙の見本

原稿用紙

原稿用紙の使い方

原稿用紙の使い方には、いくつかのルールがあります。

題名と見出しの書き方

題名は、1ページ目の2行目に書きます。頭の部分を2マスあけて書き出しましょう。手書きの場合には、多少、はみ出すぐらい大きく書いても大丈夫です。

途中、見出しを加える場合には、題名は文頭3マス、見出しは文頭2マスあけるというように、区別するとわかりやすくなります。見出しの前後は1行ずつあけます。

氏名の書き方

氏名は、4行目の下に2マスほどあけて小さく書きます。題名と対比させるためです。苗字と名前の間は1マスあけましょう。その後、さらに1行あけて本文を書き進めます。題名と氏名でトータル5行使うことになります。

マス目の取り扱い

書き出しと段落の文頭は1マスあけます。パッと見たときに、ここから文章がはじまるとわかるようにするためです。

通常の文字と同様に、句読点(。、)やカギカッコ(「」)、感嘆符(!)、疑問符(?)も1マス使って書きます。一方で、「――」や「……」は2マス使います。

行末の取り扱い

例外的に、行の頭に句読点やカギカッコがきてしまう場合には、前の行の末尾に書きます。欄外に書いても構いません。

会話文の書き方

会話文はカギカッコ(「」)を使って書きます。改行し、文頭を1マスあけて書くのが一般的です。心の中でのつぶやきや、あるいは独り言の場合には、そのまま文中に入れることもあります。

引用文の書き方

文章を引用する場合には、短いものはそのままカギカッコをつけて文中に入れます。引用文の最後の句点は打たないように注意してください。

長い引用文を挿入する場合は、改行し、文頭を2マスあけて書くようにします。必要に応じて1行あけて書いても構いません。いずれも、読者が引用文だとわかるようにするための工夫です。

実地で文章力を高めよう!

コツをマスターしたら、実地で書いてみましょう。

最近では、クラウドソーシングと呼ばれるサイトから、簡単に文章作成やロゴ、デザインを受注できます。もちろん発注も可能です。ちょっとした副収入にもなるので、まずは登録だけでも済ませましょう。登録無料です。

代表的なものとして、大手のランサーズBizseekがオススメです。安心して利用できます。すぐに登録でき、仕事をはじめられるので手っ取り早いですね。価格も数百円~数万円まで幅広いのが特徴です。案件数もかなりあるので、受注・発注ともに活用できます。無料登録だけでもしておきましょう。

ライティングはもちろんのこと、さまざまなスキルを売買できるココナラもオススメです。 

お手軽さでは 文章書いてお金をもらおう♪(Shinobiライティング)や、ネットバイトで案件数No.1ライティングサービス『REPO』もいいですね。まずは登録だけしておいて、時間が空いたら記事を書いてみましょう。

≫文章の基礎知識に戻る

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.