初詣の正しい祈り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一年の計は元旦にあり」

一年の計画は、年始めである元旦にたてると良いという言葉です。心機一転、あたらしいことに挑戦するのもいいですよね。

そして元旦といえば、やっぱり初詣です。

そんな初詣には、“正しい祈り方”があることをご存知でしょうか。お祈りをするのなら、周囲にも自分にも、より良い影響をもたらしてくれた方がうれしいですよね。

そこでこちらの記事では、『祈り方が9割 』より、初詣の正しい参り方・祈り方について紹介していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「初詣の正しい祈り方」5つのポイント

初詣の正しい祈り方には、次のようなポイントがあります。

1.肌を露出する服装は避ける

お参りをするときの服装は、「肌を露出する」のはNGです。真冬のこの時期であれば問題ないかと思いますが、露出の少ない正装が基本となります。

男性であれば、襟付きシャツと長ズボンに靴下。女性であれば、ひざ下まであるスカートで、素足は避けます。もちろん、男女ともにスーツであれば万全です。

2.鳥居をくぐるときの手順

鳥居をくぐるときには、次の手順で行います。

  1. 鳥居の手前で直立
  2. 上体を15度倒す(会釈)
  3. そのまま1秒とめる
  4. 上体を起こして直立
  5. 鳥居をくぐる

この動作は、帰るときにも行います。

3.手と口をすすぐ(手水をとる)

お参りの前に、手と口をすすぎましょう。次の手順で行います。

  1. 柄杓で水をすくう
  2. 左手をすすぐ
  3. 右手をすすぐ
  4. 左手を受け皿にして、口をすすぐ
  5. 再度、左手をすすぐ
  6. 柄杓の柄を洗う

すすいだ水は水盤に入らないように注意し、また柄杓の水は1杯分ですませるのがポイントです。

4.賽銭からお祈りまでの手順

賽銭からお祈りするまでにも手順があります。次のとおりです。

  1. 賽銭を入れる
  2. 直立する
  3. 90度のお辞儀を2回行う(二拝)
  4. 柏手を二度うつ
  5. 手を合わせて祈る
  6. 90度のお辞儀を1回行う(一拝)

二拝二拍手一拝」と覚えておきましょう。

5.お祈りする言葉について

お祈りする内容としては、「感謝の祈り」「愛情の祈り」を意識して行います。

感謝の祈りとは、神様に対して感謝することです。たとえば、

「本日は無事にお参りさせていただき、ありがとうございます」

「いつも食べ物をお与えくださり、ありがとうございます」

祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門

などの言葉を祈ります。

愛情の祈りとは、自分のためではなく、公やみんな、あるいは社会の「喜び」を願うことです。具体的には、

「私の会社の事業が成功しますように」→「会社の事業が成功して、会社のスタッフが喜びますように」

「私の書籍が多くの人に読まれますように」→「書籍が多くの人に読まれて、読者の方々が喜びますように」

祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門

などです。

あくまでも、私・自分・個人のために願う(不浄の願い)のではなく、公・みんな・社会の喜びを願う(清浄な願い)のがポイントです。

元旦に“心を洗う”習慣を

このように、初詣には正しい祈り方があります。

人間だれしも、気づかぬうちに過信や慢心をいだきやすいもの。場合によっては、傲慢や怠惰など、悪い方向に進んでしまうこともあるでしょう。

ぜひ年に一度のこの機会に、心を清め、新しい年を迎えてみてはいかがでしょうか。

祈り方が9割  願いが叶う神社参り入門


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.