3.社会人大学院(MBA)入試「書類提出、試験当日、合格発表」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人大学院(MBA)の入試にあたり、もっとも重要な「試験当日」。ただ、大学院入試に合格するためには、その他にも「書類提出」や「合格発表」についても意識を向けておかなければなりません。

こちらの記事では、試験当日およびその前後に必要な合格のための手続きについて解説しています。

・書類の提出
・試験当日
・合格発表

書類の提出

基本的に、筆記試験および面接試験の前に、願書等の書類を提出するのが一般的です。遅くとも、出願期間の1ヶ月前までには書類を準備し、不備等がないか確認しておきましょう。そのうえで、試験本番に余裕をもって臨むことが大切です。

【記事】書類の準備
【記事】研究計画書の書き方
【記事】研究計画書の提出がない場合

試験当日

試験には「筆記試験」と「面接試験」があります。同日に行われる大学院もあれば、別の日に行われるところもあります。筆記は試験日の半年ほど前から、面接についても研究計画書の作成とともに半年ほど前から着手しておくことをオススメします。

また、大学院を意識した瞬間からはじめておきたいのが、「新聞の読み込み」です。新聞が苦手という方は、動画でチェックするだけでもしておきましょう。

マーケット・経済ライブ動画サービス【日経チャンネルマーケッツ】

【記事】筆記対策(小論文)
【筆記対策(英語、専門科目)】
【記事】面接対策

合格発表

秋入試の場合であれば、おおむね年明けには合格発表があります。合否がどのようにして通知されるのか、忘れずにチェックしておいてください。めったに無いとは思いますが、合否の確認を失念していた結果、手続きが間に合わないということのないようにしましょう。

社会人&学生のための大学・大学院選び2017年度版(リクルートムック)
リクルートホールディングス (2016-07-25)
売り上げランキング: 24,451

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.