仕事上でも学業でも必須!? なぜ論理(ロジック)が必要なのか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

論理,ロジック

「ロジカル・シンキングを身につけよう」「論理的な説明ができないとダメだ」。このように、論理(ロジック)の重要性はさまざまなシーンで問われています。

しかし、そもそも論理(ロジック)とは何でしょうか。また、なぜ論理(ロジック)を身につけて、日々の生活のなかで活用しなければならないのでしょうか。

そこで今回は、論理(ロジック)についての基本的な概要を考えてみるとともに、なぜわたしたちの生活に論理(ロジック)が必要なのか、考えてみましょう。

論理(ロジック)とは

そもそも論理(ロジック)とは、「物事の筋道」「法則的なつながり」のことです。トークや文章によって、筋道や法則的なつながりを明らかにすると、物事への理解がすすみます。

もし、論理(ロジック)がなければどうなるでしょうか。話は的を射ず、文章を読んでも何が言いたいのか理解できない。それでは、ただしいコミュニケーションができません

そこで、論理(ロジック)を活用するのです。会話をするにしても、文章を書くにしても、論理(ロジック)があることで、理路整然とした対話が可能となります。

なぜ論理(ロジック)が必要なのか

すでに述べたとおり、論理(ロジック)の必要性は、すなわち「コミュニケーションの円滑化」にあります。話や文章に筋道があると、聞き手や読み手の理解が進みます。

コミュニケーションの本質は、自分が言いたいことを、相手に伝えること。そのため、相手に理解してもらえなければ意味がありません。

会話や文章のテクニックとして、感情に訴えかけるという方法もありますが、基本としては、論理(ロジック)を意識することからはじめることが近道となります。

論理(ロジック)の間違った使い方

「はい論破」という言葉があります。この言葉は、もちろん悪ふざけの延長として述べているものだとは思いますが、論理(ロジック)を間違って使っている一例です。

なぜなら論理(ロジック)は、特定の誤謬(あやまり)を論破するためのものではないからです。そうではなく、あくまでも「独自の論証を築くため」に論理(ロジック)はあるのです。

無意味にだれかを論破しても、心は晴れるかもしれませんが、少なくとも良好なコミュニケーションにはなりません。論理(ロジック)は正しく活用してこそ、意味があるのです。

まとめ

レポートや論文など、論理性が求められる文章を書く際には、論理(ロジック)を強く意識しなければなりません。また、プレゼンテーションや商談でも同様でしょう。

大学生、あるいは社会人は、普段の生活のなかで論理(ロジック)を活用するシーンが多いはずです。ぜひ、その本質を理解して、上手に利用できるようにしてください。

人生とはある意味で、自分が伝えたいことを伝えるためにある、と言えます。あらゆる芸術はそのために存在しています。そして論理(ロジック)もまた、同じなのです。

参考文献

論理的に書くためのルールブック

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル

非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.