世界の文豪は一日にどのくらい執筆しているのか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

いわゆる「作家」や「小説家」と呼ばれている人は、一日にどのくらいの時間、執筆しているのでしょうか。文章を仕事にしている人、あるいはしようとしている人にとって、気になるところです。

そこで今回は、『天才たちの日課 』より、とくに作家の「一日の執筆時間」についてまとめました。掲載されている範囲で時間帯についても記載しています。

【3時間以下】

<マーティン・エイミス>2時間

1日2時間。

<ニコルソン・ベイカー>2.5時間

4時か4時半に起きて書く。

<ヘンリー・ジェイムズ>2.5時間

9時半から正午まで。

<アンソニー・トロロープ>3時間

毎朝5時30分に机に向かう。

<トーマス・マン>3時間

9時から12時まで執筆。

<ヘンリー・ミラー>2~3時間

午前中の2~3時間。

<ジョゼフ・ヘラー>2~3時間

午前中に2~3時間。

<ウィラ・キャザー>2~3時間

午前中2~3時間。

<キングズリー・エイミス>3時間

9時半ごろから12時半まで。

<フラナリー・オコナー>3時間

9時から正午まで。

<ジョルジュ・シムノン>3時間

6時半~9時半まで。

【4時間】

<ジョン・アップダイク>3~4時間

9時半ごろから3~4時間。

<サマセット・モーム>3~4時間

午前中の3~4時間。

<ハーマン・メルヴィル>4時間

8時すぎから14時半まで。

<ジーン・スタッフォード>4時間

11時から15時まで。

<トルーマン・カポーティ>4時間

昼間に4時間書く。

<リチャード・ライト>4時間

6時からベンチで4時間。

<ウィリアム・スタイロン>4時間

16時から毎日4時間。

【5時間】

<フランツ・カフカ>3~5時間

22時半から1時か2時か3時まで。

<スティーヴン・キング>3~5時間

8時か8時半ごろに書きはじめ、11時から13時半ごろまで。

<P・G・ウッドハウス>5時間

9時から14時まで。

<チャールズ・ディケンズ>5時間

9時から14時まで。

<トーマス・ウルフ>5時間ぐらい

24時ごろから夜明けまで仕事。

<ウンベルト・エーコ>5時間

朝7時から午後まで書く。

【6時間】

<アン・ビーティ>6時間

21時には書きはじめて3時まで。

<村上春樹>5~6時間

4時に起き、5~6時間ぶっとおしで。

<アーネスト・ヘミングウェイ>6時間

5時半から6時ごろ起床。正午まで執筆。

<ヴィクトル・ユーゴー>6時間

夜明けから11時まで。

【7~8時間】

<マヤ・アンジェロー>7時間

7時から14時ごろまでホテルで仕事。

<フィリップ・ロス>7時間

10時から18時まで書く(休憩1時間)。

<シモーヌ・ド・ボーヴォワール>7時間(3時間+4時間)

10時ごろから13時まで仕事。17時から21時まで仕事。

<スコット・フィッツジェラルド>8時間

19時ごろに執筆を開始、3時半ごろまで書こうとした。

<ジョイス・キャロル・オーツ>8時間(5+3)

8時か8時半から13時。16時から19時頃。

【その他】

<オノレ・ド・バルザック>14時間

1時から8時。9時半から16時まで。

<ヴォルテール>18~20時間

1日18~20時間ほど働いていたとも。

まとめ

平均してみると、3~5時間ぐらいがもっとも多いようです。なかには、それ以上の執筆は成果をあげないと述べている人もいます。また、午前中に執筆している人が多いようです。

体力や精神力など、人によって差はありますが、自分なりの執筆ペースをつかみ、粛々と書いていくことが成功の秘訣かもしれません。

天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.