いい文章を書くために!思考がまとまる「使って捨てるノート術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

レポート、報告書、論文、エッセー、ブログ……。それぞれ読者や目的は異なれど、あらゆる文章に必要なこと。それは、「何を書くか」の決定、つまり「テーマ設定」です。

あらかじめテーマを設定しておかなければ、文章は自ずと散漫になり、何が言いたいのか、何を伝えたいのかわかりません。だからこそ、文章はテーマの設定が大事なのです。

では、どのようにしてテーマを設定すればいいのでしょうか。また、設定したテーマから書くべき内容を導く方法とは。そこでオススメなのが「ノートの活用」です。

※参考『何を書くか、どう書くか』板坂元


そもそもノートの役割とは?

ノートと聞くと、大抵の人はメモをとるために活用しているかと思います。学校の授業を思い出してみてください。先生の話や教科書の内容を、ノートにメモしていたはずです。

たしかに、ノートはメモを残しておくのに活用できます。そのうえ、手を動かすことによって記憶の定着にもつながり、授業の復習やテスト対策にも大きな役割を果たします。

ただし、ノートが使えるのは勉強だけではありません。実は、まとまった文章を書く際にも、ノートが大いに活躍します。もっとも、その使い方には、若干の違いがあります。


文章を書くためのノートの使い方

勉強や学習ではなく、文章を書くためにノートを使う場合、次のような役割を担います。

・情報を収集する
・頭の中を整理する
・テーマを決める
・書くべき事項をまとめる
・構成や編集の参考にする

まず、これから書こうとする文章に関し、現段階で有している情報をすべて書き出します。目的、読者、内容、現段階で知っていることなどもどんどん書いていきます。

次に、書籍等の資料にもあたりつつ、さらに情報を深堀りしていきましょう。それらの情報をもとに、頭の中を整理していきます。そうすることで、文章の方向性が見えてきます。

どの部分がとくに重要で、どのような主張をするべきかまで掘り下げていくと、文章のテーマが現れてきます。その段階で、書くべき事項や構成も煮詰めていきましょう。


「いい文章を書くためのノート術」5つのポイント

いい文章を書くためのノート術には、以下、5つのポイントがあります。

1.1冊のノートを使い切る!

この方法は、あくまでも、いい文章を書くための手法です。そのため、ページを節約する必要はありません。1冊のノートを使い切るつもりで、どんどん書き込んでいきましょう。

2.あらゆる情報を書き込む!

書き込む内容は、ちょっとしたメモ、書籍の書き写し、新聞や雑誌のスクラップ、落書きなど、その文章に関するあらゆることです。躊躇することなく、何でも書いてOKです。

3.余白は広めにとる!

メモにしても書き写しにしても、スペースをケチる必要はありません。むしろ、あとから追記できるよう、余白は広めにとってください。この余白が思考の可能性をもたらします。

4.ノートの裏面は使わない

ノートの各ページには表と裏がありますが、使用するのは表(裏)だけです。いちいちページをめくって確認するのは時間と労力のムダであると考え、贅沢に使いましょう。

5.文章を書き終えたら捨てる!

使用したノートは、文章を書き終えたら捨ててしまって構いません。捨てていいと考えることで、執筆というゴールにフォーカスでき、余計な配慮を避けることができます。


まとめ

以上、いい文章を書くためのノート術について紹介しました。

とくに大事なのは、従来のような勉強や学習のための使い方ではなく、文章を書くことに焦点をあててノートを使うという意識です。

つい、隅から隅までびっしり文字を埋めてしまう人や、ノートを使い始めても途中で挫折してしまう人は、本稿で紹介した方法を試してみてください。

 

実地で文章力を高めよう!

コツをマスターしたら、実地で書いてみましょう。

最近では、クラウドソーシングと呼ばれるサイトから、簡単に文章作成やロゴ、デザインを受注できます。もちろん発注も可能です。ちょっとした副収入にもなるので、まずは登録だけでも済ませましょう。登録無料です。

代表的なものとして、最大手のクラウドワークスランサーズ 、Bizseekがオススメです。安心して利用できます。すぐに登録でき、仕事をはじめられるので手っ取り早いですね。価格も数百円~数万円まで幅広いのが特徴です。案件数もかなりあるので、受注・発注ともに活用できます。無料登録だけでもしておきましょう。

ライティングはもちろんのこと、さまざまなスキルを売買できるココナラもオススメです。お手軽さでは【チームワーカーズ】もいいですね。まずは登録だけしておいて、時間が空いたら記事を書いてみましょう。


文章の質を高めるために活用できるサイト

文章の基本となる型やテクニックとともに、必要なのが「情報収集力」だ。いくら書き方の基礎をマスターしていても、最新の情報や基本となる知識をインプットしていなければ、文章の内容は薄くなる。

そこで、以下に無料で活用できる情報収集サイトを掲載した。みなが見ている大手サイトではなく、業界ごとのちょっとマニアックなサイトから情報収集することによって、周囲に差をつけることができる。


朝日新聞デジタル「就活割」、ESや面接などに役立つ機能をご紹介!

情報収集の基本と言えば新聞。旧来型のメディアとも言われているが、有料の電子版なら差別化できる。必要なところに必要な投資をすることが、情報収集の秘訣だ。就活にも。

楽天マガジン(オススメ!)

PC、スマホ、タブレットから雑誌を読むならこちら。簡単な申込みをするだけで、全11ジャンル200誌以上のさまざまな雑誌が読み放題です。幅広い知識が簡単に得られます。

ワークショップが1400件以上 ストリートアカデミー

Web、カメラ、料理など、さまざまなジャンルのワークショップを開催しているのがこちらのサービス。プロから直接まなびたい方にとって最適なサイトだ。登録無料。

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

洋画、邦画、バラエティから教養まで。幅広い動画を配信しているのがこちらのサイト。最新の情報を気軽に、そして楽しみながらチェックすることができる。初回31日間無料。

新興市場ドットコム

プロのアナリストから投資情報を得られるサイトがこちら。新興市場から投資に関する情報まで、幅広く収集できるのが特徴。直接アドバイスをもらえるサービスもある。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.