メモがあれば文章はスラスラ書ける

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メモを用意する」ことで、文章がスラスラと書けるようになります。  

メモとは

メモとは、「忘れないように要点を書き残しておくこと」および「その書いたもの」を意味します。とくに、長い文章を書く際にはメモが役立ちます。もしメモを用意しておかなければ、自分が書くべきこと、書きたかったことを忘れてしまい、途中で筆が止まってしまう恐れがあります。 

「メモを用意して書く」の具体例

A(メモを用意せずに書いた文章)

町外れにあるラーメン屋はずいぶん前から営業をしている。以前に食べたときは、ボクがまだ大学生ぐらいだったかと思うが、味の印象はあまりない。とくべつ美味しかったという記憶はないが、そこそこ安かったので満足はした。今もあるのだろうか。

→メモを用意していないため、思い出しながら文章を書いています。記憶に頼った内容なので、あいまいな記述が多く、読み手が情景をイメージしにくい内容となっています。

B(メモを用意して書いた文章)

相模原市緑区にあるラーメン屋「架空軒」は、創業1998年。最後に食べたのは8年前の夏。ボクがまだ大学二年生だった頃だ。600円のねぎ味噌ラーメンは味が薄く、油も少なめ。学生には物足りなかったと記憶している。現在は場所を南区に移して営業しているとのこと。

→メモを大いに活用して書いているのがわかります。読者のイメージを助ける具体的な情報を盛り込んでいるので、文章にリアリティがあります。とくに数字や住所、固有名詞がポイントです。

メモは文章を書くための“道しるべ”

メモがあれば、文章の方向性がブレにくくなります。また、例題のように、具体的な情報をあらかじめ収集しておけば、ユーザーフレンドリーな文章へと近づきます。メモがあれば、あいまいな文章を手直しすることも可能です。

文章を書くための道しるべとして、メモを活用しましょう。書籍一冊(およそ10万文字)という膨大な文章を書く際にも、メモをたくさん用意しておくことによって、書き進めることができます。文量が多ければ多いほど、メモの必要性が増します。

メモを用意してから書く習慣を

たとえ短い文章を書く場合でも、メモを用意する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。メモがあれば、より論理的に、よりわかりやすい文章を書くことができるようになります。また、頭の中を整理するためにもメモは役立ちます。

雑然と箇条書きで残しておくもよし、短文をたくさん書いてみるのもよし。はたまた、イラストメモを用意しても構いません。自分にあったメモを用意して、文章をスラスラと書けるように工夫してみてください。

≫文章の基礎知識に戻る

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.