ベストセラー小説を書くために意識したい16のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫) 

ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)

 ベストセラー小説はいかにして書かれたのか?

 難しく考えればどこまでも難しく考えられる。しかし、簡単に考えるならば次の一言でまとめられる。「書かれるべくして書かれた」と。

 斬新なアイデア、練りに練った構成、度重なる伏線の数々、見事な心理描写、先鋭的な文体、リズミカルなセリフ。そのいずれもが、書かれることによってはじめて、陽の目を見ることになる。大切に抱え込んでいても意味が無いのだ。

 だからこそ、以下の「小説を書く際に意識したい16のポイント」から、すぐにでも書きはじめられる原動力をつかみとってほしい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベストセラー小説を書くために意識したい16のこと

 

1.小説を書くことで「何を考えた」か?

 考えたことが2作目に活かされる。

2.ストーリーは結末から

 結末から全体を構成すると、ストーリーがブレにくい。

3.風景描写が大事

 風景はしゃべらない。しゃべらせるのが作家の仕事。

4.登場人物には勝手にしゃべらせる

 反面、登場人物は無理にしゃべらせてはいけない。勝手にしゃべらせる。

5.技術よりも情熱で

 技術は製品を生むが、作品を生むとは限らない。情熱で書く。

6.心の動きを物で伝える

 心の動きは目に見えない。目に見える「物」で表現する。

7.推敲に力を入れる

 さっさと書いて、しっかり推敲。

8.まずは5枚の「起承転結」

 原稿用紙5枚の起承転結を、増やしたり並べ替える。それで何でも書ける。

9.ベストセラーで儲けよう

 動機は儲けでも良い。理由にこだわらない。

10.どうしても書きたいことを書く

 どうしても書きたいこと。書かずに入られないことは何か?

11.小説は「私小説」からはじまる

 自分にしか書けないことに価値がある。

12.キーワードは「主体」「欲望」「壁」+外界

 小説には「人間と葛藤」が必要。

13.地声で書く

 飾らない。地声で良い。

14.自分自身を見つめる

 自分の醜いところ、いやらしいところから目を背けない。

15.力まず肩の力を抜く

 良い文章を書こうとしない。結果として良い文章になればそれで十分。

16.他者の目から見た自分を知る

 とくに、「自分が下に見ている人」の目線で。

 

ヒトコトまとめ

 小説を書くための秘訣とは

自分で書き、他人の目で直す、こと。

 お付き合いありがとうございました。多謝。

<参考>

<類書>

ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
ディーン・R. クーンツ
朝日新聞社
売り上げランキング: 2,413
小説講座 売れる作家の全技術  デビューだけで満足してはいけない
大沢 在昌
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 2,824

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.