【「ミスターXが行く!」取材企画】泊まろうかと思ったけどホテルが予約できなかったから東京‐岡山までとんぼ返りで行ってきた件

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

s_DSCN0075

今回はミスターXがとんぼ返り岡山に行ってきたレポ。
強行スケジュールのなか、たくさんの写真を撮ってきてくれました。

岡山の魅力も伝えつつ、レポートしたいと思います。
(取材担当のミスターXは男女混合の取材チームです。編集・山中)


 

※以下、「だ・である調」にてお送ります。

東京駅から新幹線へ

s_DSCN0035

6時発、岡山行き。

大手町から東京駅の新幹線乗り場まで徒歩15分ほど。新幹線は、大きく案内が出ているからわかりやすい。乗り場入口の売店で水を購入。新幹線の中で買うと高いのだ。

のぞみ1号、12号車 A席、間違いがないか、よく確かめる最前列指定で、チケット取ったため、足は伸ばせるが、横のB、C席の客までは選ぶことはできない。

DSCN0062

電源コンセントつき、wifiも使える(設定にパスワード入力しなければならない)。朝早かったこともあり、新幹線の中では、品川~名古屋あたりまでは寝ていた。

岡山到着。東京都の気温差に唖然

s_DSCN0117

岡山到着。かなり冷え込んでいてビビる。この季節は、スーツで丁度いいくらいだが、余分に薄手の上着もあるといいかもしれない。

岡山駅構内、すぐ目に飛び込んでくるみやげもの屋。名物のマスカットがたくさん。

s_DSCN0084

仕事まで少し時間があるので、駅から直結している「ホテル岡山グランヴィア」で一息つく。1階ラウンジカフェは、平日午前中とあって、人もまばら。ありがたいことにwifiも利用可能。

メニューの、岡山名物マスカット100%ジュースを飲んでみる。1,230円。他、アールグレイミルクティー+ホテル限定ハロウィンロールも追加。

s_DSCN0107

ジュースは嘘偽りなく100%、ありのままのマスカットをそのまんましぼった感、渋みまでしっかり残っていたからだ。テンションあがる。

スタッフに尋ねると、ほんとにしぼっただけ、とのこと。

岡山駅の“珍?”名物たち

s_DSCN0119 (1)

歩いていると、えらそうにふんぞり返って空を見ている学ラン、マント、ゲタの、ドカベンに出てくるような人の銅像が目に入ってきた。

岡山県=ももたろうぐらいの認識なので、ももたろうはどこだとウロウロしてると、あった。おつきの家来は、犬、サル、キジ、ハトのようだ。

DSCN0126

駅からまっすぐ伸びる「桃太郎通り」では、路面電車が行き来している。倉敷には行けなかったが、それを思わせる柳の木が並んでる通り(県庁通りというのがある)を歩く。街中に、幅、2メートルくらいのきれいな川が流れている。

おみやげには岡山名物を購入

s_DSCN0083

「とりあえず、岡山に来たら“ままかり”さえ食べておけば問題ない」
という助言をもらい、駅中にある小さな寿司店で「岡山名物」を注文。

  • ままかり
  • なまさわら
  • きんにら

これらが有名らしい。

DSCN0142 (1)

ままかりは、思ったほど酢がキツくなく、上品なにぎりだった。さわらは、サッパリ、みずみずしいという表現がピッタリ。金ニラは、食感がしゃくしゃく。フツーのニラは、かなりニオイがキツイけど、この金ニラは別物。

定番のままかり寿司をおみやげに購入。

圧縮DSCN0143

ところで、岡山の県民性は、クールで教育に力を注ぐ傾向があるそうだ。確かに、地元の人と会話していて感じたのは、男性は、あまり笑わない。女性は、陰で支える働き者。そんな印象を受けた。

そして、岡山の人達は、大阪のような「いかにも」な方言が飛び交ってないところにも驚いた。

帰路について

s_DSCN0051

名古屋から新横浜までが長~く感じる。無事、東京駅、19時33分着。
大手町メトロが見えると、帰ってきたなーとほっとする。

今回の岡山行きは、慌ただしく日帰りだったが、名物を食べることができてよかった。
甘いのが好きな人には、きびだんごむらすずめ、がオススメ。

時間に余裕があれば、岡山ならではの食べ物として「デミグラスかつどん」、岡山城や倉敷、温泉なども組み合わせられると良さそうだ。

るるぶ岡山 倉敷 蒜山’15 (るるぶ情報版(国内))
JTBパブリッシング (2014-12-10)
売り上げランキング: 22,992
岡山本[雑誌] エイ出版社の街ラブ本
エイ出版社 (2014-12-10)
売り上げランキング: 11,121

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.