【3分でわかる】北朝鮮が実験に成功!? 水爆のしくみとは

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水爆,しくみ,北朝鮮

北朝鮮にて水爆実験がなされたとの報道がありました。

そこでこちらでは、原爆よりも威力が大きいとされる「水爆(水素爆弾)」について、簡単にご紹介します。有名な水爆実験の被害である「第五福竜丸事件」は、被ばくとも関係しています。

原爆のしくみは「核分裂」水爆のしくみは「核融合」

原子爆弾のしくみは、核分裂による熱エネルギーの発生でした。一方で水素爆弾のしくみは、核分裂ではなく「核融合」です。水素の核が融合する際に発生するエネルギーを利用します。

具体的には太陽の原理と同じです。そもそも太陽は、燃えているのではなく、中心部で水素の融合が起きているためエネルギーが発生しているとされています。そのしくみを活用したのが水爆です。

水素が核融合する条件とは

もともと水素には中性子がなく、それぞれ1つの陽子と電子からできています。そのため核同士が融合しやすいのが特徴です。(つまり核力が小さいということです)

ただ、水素が核融合するには条件が必要。その条件とは、「1億度以上の熱」か「大気圧の1千億倍の圧力」があること。それらが満たされないために、地球上の水素は融合していないのです。

そのような条件を満たすにはどうすればいいのでしょうか。石油を燃やしてもわずか1千度ほどにしかなりません。そこで活用されるのが原爆です。

水爆の詳しいしくみ

水爆のしくみは、ウラン238でできた爆弾容器のなかに「水素」を入れ、その水素を核融合させる起爆剤として原子爆弾も入れている、というもの。原爆(ウラン235)の爆発、水素爆弾の爆発、ウラン238の核爆発という3つの爆発によって強大なエネルギーを発します。

水爆は、原爆とは異なり、核の分裂片(放射性物質)をだしません。にも関わらず、なぜ水爆実験によって、第五福竜丸は被ばくしたのでしょうか。

もうおわかりですね。そう、水爆の起爆装置に原爆を使用していたためです。つまり第五福竜丸は、水爆の起爆装置である原爆によって被ばくした、ということなのです。

原爆のしくみと、歴史的背景はコチラ。

原爆から水爆へ〈上〉―東西冷戦の知られざる内幕
リチャード ローズ
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 773,663

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.