これから活躍したいライター・Web屋は“絵心”を身につけるべし! 絵の描き方を動画でマスターできるオンライン絵画教室『ArtLessons』

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんが,イラスト,レッスン,動画,描き方,絵心,ライター,Web

多くのブロガーやWebマーケターが各所で言及しているとおり、これからのWebコンテンツには「まんが」や「イラスト」が必須です。実際、当サイトでも『フリーランスあるある』をはじめとして、プロ漫画家/イラストレーターの伊藤ロイ氏にご協力いただき、まんがコンテンツを量産している次第です。

そのかいあって、徐々にアクセス数が伸びています。

そこで今回は、ブログ、オウンドメディア、およびさまざまなWeb記事において、まんがおよびイラストが必須になる理由を考察してみたいと思います。さらに、これから絵心を身につけたいと思っている方のために、あるオススメサービスもご紹介しちゃいます。


なぜ、「まんが・イラスト」が重要なのか

そもそも、なぜまんが・イラストが重要なのでしょうか。その理由はずばり、コンテンツマーケティングの観点から考えてみると明らかです。

コンテンツマーケティングとは、あらゆるコンテンツを総合的に活用し、ビジネス(あるいは特定の目標)を成功に導く手法のこと。とくにWebで言うコンテンツとは、主にWeb記事となります。

また最近では、動画もまたコンテンツとして人気ですね。いずれにしても、文字だけ、トークだけではなく、まんがやイラストがあることで、理解度が高まることは言うまでもありません。

『ウェブはバカと暇人のもの』

編集者・PRプランナーの中川淳一郎の著書『ウェブはバカと暇人のもの』は、トリッキーなタイトルではありますが、中身はいたって的を射ていると思います。たしかに、忙しい人はそれほどWebを見ません。

もっと言えば、本当に重要な情報が、Webにあると考えるほうがおかしいのです。つまり、Webにある情報は「初心者向け」のものが多いと考えておいたほうが無難なのです。

より深く探求したい場合には、その道の専門家に聞いたり、あるいは書籍にあたったり、自分で体験してみなければなりません。それが現代のWebの姿なのです。

「SEO対策」が「キーワード対策」なわけ

少し視点を変えて考えてみましょう。現在でも、SEOの基本は「キーワード」とされています。つまり、上位表示させたいキーワードを選び、適切に配置し、記事をつくり込むのです。

そのうえで、あるキーワードで検索した際に、そのユーザーが満足できるサイト、あるいはWeb記事をGoogleが評価し、上位表示させる。それがSEO対策の大枠ですね。

ただ、いくらキーワードを上手に散りばめても、その記事がユーザーにとって役に立たなければ、Googleが評価することはありません。とくにこれからは、その傾向が強まると考えられます。

スマホ最適化の意味するところ

さらに、多くの検索ユーザーは、スマートフォンやタブレットを活用しています。総務省のデータにもあるとおり、携帯電話(フューチャーフォン)を含めた保有率は8割にものぼります。

携帯電話ユーザーも、将来的にはスマートフォンに移行することを考えれば、検索ユーザーのほとんどがスマートフォンやタブレットから検索していると言っても過言ではありません。

このとき、考えなければならないのはなにか。それは「視認性」です。つまり、検索した先にあるサイトが、いかに読みやすいか、ということ。だれも、難しい内容を求めてはいないのです。

Webで稼ぎたいなら絵心を身につけよう!

一方で文字だらけのサイトがある。また一方で、文字とイラストとまんがを効果的に活用したサイトがある。どちらが理解しやすいかは、言うまでもありません

とくに日本のまんがは、世界にも誇れるだけのものがあります。カルチャーとして評価されているのです。たとえ日本語を使っていたとしても、イラストやまんががあれば、外国人にも理解してもらえる。これは本当にスゴいことですよね。

少々ながくなりましたが、上記の理由から、Web関係者はまんがおよびイラストを活用するべきだと思います。少なくとも、絵心ぐらいは身につけておきたいですね。

絵の描き方を動画でマスターできるオンライン絵画教室『ArtLessons(アートレッスン)』

そこでオススメしたいのが、絵の描き方を動画でマスターできるサービス、『ArtLessons(アートレッスン)』です。特徴は次のとおり。

  • あらゆる画材・画風の描き方を学べる!(鉛筆/色鉛筆/パステル/ペン/水彩/アクリル/油絵/他)
  • 初期レッスンは100本以上!(今後も随時追加予定/定額制なのでレッスンが増えても追加料金は発生しません)
  • 動画は、5〜15分の短い尺のステップ形式で短時間で学べる!(スキマ時間で学べます。一日10分でOK)
  • 24時間365日、何度でも視聴し放題!(ポーズや巻き戻ししながら何度でも視聴可能。)
  • PC/スマホ/タブレット、どの端末でも受講可能!(TVがネット繋がればもちろんTVの大画面でも。)
  • 講師の9割は東京藝術大学出身者及び現役生!(2浪3浪当たり前の日本の美術大学の最高峰。)
  • わずか専門書籍1冊分、リアル絵画教室なら1回分の価格。定額制。(これまでの絵の学習コストを大幅カット)

動画のサンプルはコチラ体験レッスンも可能です。

まとめ

まんがやイラストを外注している方はご存知かと思いますが、自分に絵心がないと、適切な指示出しもコミュニケーションもとれないんですよね。だからこそ、動画で学べる『ArtLessons(アートレッスン)』のようなサービスは、これから先、必須になると思います。

まずは、最初の1歩が重要ですね。動画なら、楽しみながら続けられそうです。

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.