「英語学習」に関するインタビュー取材|英ナビ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公益財団法人 日本英語検定協会」および「株式会社 教育測定研究所」が運営する『英ナビ!』にて、インタビュー取材・編集を担当させていただきました。

ありがとうございます。

s_英ナビ1s_英ナビ2

記事の内容

「英語学習に関する親の理解」について、元大学入試センター教授であり、現在では福岡大学(コミュニケーション学科)で教鞭をとられている小野博先生と、『ことばのパズル もじぴったん』の開発者・プロデューサーであり、現在は神奈川工科大学で特任教授をされている中村隆之先生にインタビューしてまとめました。

もうひとつの記事では、「本当に身につく英語の習得方法」について、英語、日本語、中国語、オランダ語、スペイン語を話すバイリンガルのJohnny Lauさんにインタビューしてまとめました。

会社概要

公益財団法人 日本英語検定協会

公益財団法人 日本英語検定協会は、「実用英語の普及と向上」を目的に1963年に設立されました。以来、“英検”の名称で親しまれている実用英語技能検定の実施・運営のほか、児童向けの「英検 Jr. 」やビジネスパーソン向け英語能力テスト「BULATS(ブラッツ)」、留学・海外移住のための英語運用能力試験である「IELTS(アイエルツ)」、さらには英語教育に関する優秀な研究企画に助成金を交付する「英検研究助成金」制度など、実用英語の普及・向上に向けた様々な取り組みを展開しております。2012 年 4 月、内閣府からの認定書交付を受けて正式な団体名称を「公益財団法人日本英語検定協会」に改めています。

ウェブサイト:http://www.eiken.or.jp/

株式会社 教育測定研究所

教育測定研究所は「教育分野における正しい教育測定技術(テスティング)の研究および、その成果である正しいテスト法の流布・流通を通して、効果的な教育の実践、ひいては個人の能力の発展に寄与すること」を理念として、2001 年に設立。世界 6 拠点(日本、シンガポール、インド、中国、香港、フィリピン)で国際機関や行政・企業・大学に対して、CASEC(キャセック)をはじめとする自社開発のテストやラーニングサービスの提供のみならず、様々なテストの開発・分析・コンサルティング・オペレーションサービスを展開しています。

ウェブサイト:http://www.jiem.co.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.