【寄稿】いま、ライターが必要とされている理由

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま、ネット上にライターの求人があふれています。 ネットで「ライター 求人」と検索すると、大手求人サイトのインディードでは200件超の求人がヒットします。

案件で見てみると大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスだけで4000件以上のライターの仕事を見つけることができます。クラウソーシングとはインターネットを介して他者に仕事を依頼できるサービスです。

代表的なクラウドソーシングのサイトであるランサーズやクラウドワークスを見てみると、簡単なアンケート入力やデータ入力、翻訳など高度な知識を要するものまで様々なレベルの仕事を探すことができます。

クラウドワークス
ランサーズ

では、なぜここまでライターが必要とされるのでしょうか。その理由は以下の5つにあると考えられます。

ライターが必要とされている5つの理由

ライターが必要とされている理由は以下のとおりです。

1.クラウドソーシングの普及

まずは、クラウドソーシングの普及です。クラウドソーシングにより、従来のアウトソーシングから、社外の不特定多数の人材に外注することが可能となりました。

その特徴は以下の通りです。

  • 人材育成にかかる時間やコストがかからない
  • 社内の人間だけでは対応できない仕事を依頼できる
  • 優秀な人材を確保したい企業側のニーズに応える
  • 人材側は時間や場所にとらわれず仕事ができる
  • 副業をしたい労働者側とのマッチングが容易

クラウドソーシングの登録者は増え続け、クラウドワークスの登録者だけでも2016年に100万人を超えています。

2.デジタル媒体の普及

では、他のメディアはどうでしょうか。

ライターといえば、週刊誌や雑誌など紙媒体のイメージが強いことと思います。しかし、インターネットを通じて新聞や雑誌を読んだり、情報収集できたりするようになりました。

また、電子書籍の登場によりタブレットやスマートフォンに情報をダウンロードしコンパクトに持ち運べるようになり、電車の中で新聞や雑誌を読んでいる人を見かけることも少なくなりました。

さらに、 紙媒体の減少と反比例するようにデジタル媒体が増え、さまざまな人がさまざまな媒体で記事を書くようになりました。

今やライターは出版社や新聞社に勤めているよう1部の限られた人がつく職業からサラリーマンや主婦や学生まで幅広い層の人が活躍することができる身近な職業といえるでしょう。

3.情報伝達の変化

また、インターネットの普及により、情報の伝わり方が変化しました。いままではテレビや新聞、雑誌などのマスメディアが情報の発信していました。

しかし今ではフェイスブックやツイッターなどのSNSによって情報が拡散され、買い物をしたり話題のスポットへ出かけたりするようになりました。

このことから、マスメディアからの情報発信だけでなく、個人による情報発信の力がどんどん大きくなってきています。インターネットによってどんな情報を見るかは消費者が決める時代になったのです。

4.下がる参入へのハードル

過去、ライターになるためには出版社や新聞社に就職するなど高いハードルがありました。さらに、出版印刷業の企業は東京や大阪など都市部に集中しており、東京だけでも30.7%(経済産業省 地域別企業者数調査)でした。地方在住者へのチャンスは限られていたのです。

しかし現代では、インターネットに繋がる環境さえあれば、経験がなくても住む場所も選ばず活躍できる環境があります。

5.インターネット広告の台頭

これまで商品の宣伝に使われてきたのはテレビや雑誌、新聞の広告枠でしたが、インターネット利用者の急増によりwebでの宣伝が中心となってきています 。

電通の2016年の調査によると、他のメディアはマイナスもしくは数%の伸び率なのに対し、前年比13%とインターネットメディアだけが成長を続けています。テレビや新聞などの広告枠は金額が高く、規模の大きな企業など資金のある限られたところしか情報を発信できませんでした。しかし今では個人がSNSなどを通じで情報を発信することが可能となりました。

そこで重要となったのは広告記事やブログ、SNS などの魅力的なwebコンテンツを作ること です。インターネット上では次々新しい情報が更新されています。サービスを消費者に届けるためには、常に新しい情報に更新しなければなりません。

コンテンツを増やすためにはコンテンツに記事を書く人が必要となります。Webの増加と並行して、webで記事を書く人の需要は増えていくでしょう。

まとめ

前述のとおり、インターネットの普及やクラウドソーシングの普及で、新しい働き方が生まれました。従来のメディアに頼らない宣伝方法にシフトチェンジしたことにより、個人による情報発信が重要視される時代になりました。

もはや住んでいる場所も、性別も年齢も関係ありません。誰にでもチャレンジできるのがライターの仕事です。専門的な知識から個人的な経験まで生かすことができ、あなたが必要としない情報でも、他の誰かが必要としているのです。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.