稚拙な文章があなたの評価を下げる10の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 稚拙な文章は、書き手の評価を低くする。

 あなたは、稚拙な文章のために、不当な評価を受けたことはないだろうか?  たとえば、作文の提出、学校のテスト、小論文、就職試験、面接、企画書、提案書etc…。

 これらはほんの一部だが、「文章で評価される」項目だ。お気づきのように、教育現場だけにとどまらず、社会人になってからも文章による評価はずっとつづいている。 むしろ、大人になってからは、“より”文章で評価されるのだ。つまり、文章でしか勝負できない場面が、多々、存在する。

 誰しも一度は、「文章力があれば…」と、悔しい思いをしたことがあるだろう。 しかも、稚拙な文章は、これからもあなたの評価を低くしつづけるのだ。


もくじ

<稚拙な文章があなたの評価を下げる10の理由>

  1. 第一印象を下げる
  2. 知的さがないと思われる
  3. 教養がないと思われる
  4. 伝えたいことが伝わらない
  5. 思わぬ誤解を生む
  6. 思慮が浅くなる
  7. 情報収集の範囲が限定される
  8. 世界が広がらない
  9. 礼儀がないと思われる
  10. 文は人なり
スポンサーリンク
スポンサーリンク

稚拙な文章があなたの評価を下げる10の理由

 なぜ、稚拙な文章があなたの評価を下げるのか? 以下、一つずつ見ていこう。

1.第一印象を下げる

 人に評価を下す最初のきっかけは、「第一印象」だ。 ここでの評価は、あとにも引きずるので、大変重要である。 初見の評価が低ければ、ハンディキャップをおっているようなものだ。 その後、評価を上げることは大変である。

 もしそれが、文章だったらどうだろう? メールでの挨拶、チャットでの打ち合わせ、企画書の提出、パンフレット、チラシ…。最悪の場合、門前払いだ。

 つまり、稚拙な文章は第一印象に宿るのだ。

2.知的さがないと思われる

 稚拙な文章は、人に知的さを疑わせる。 誰しも一度は、義務教育で、文章について勉強している。 そこで、少なからず良い文章に触れているものだ。

 だからこそ、意識しなくても良い文章と悪い文章は、なんとなく判断できる。そして悪文に、知的さは感じない。

 今一度、用語の選択、文語と口語の印象の差などを確認してみよう。

3.教養がないと思われる

 良い文章からは、知的さを感じる。 そして、知的さからは教養があることを連想させる。それは、字がうまい人に対して、「頭が良さそう」と思ってしまうのと似ている。美しいものは、見ていて気持ちがよく、誰しも好印象を抱くのだ。

 反対に、稚拙な文章からは、知的さを感じない。 よって、教養がないと思われる。

4.伝えたいことが伝わらない

 文章を上手に操れないと、伝えたいことが伝えられない。伝達ができなければ、提案はもちろん、報連相すらできない。コミュニケーションの基本は、伝えることだ。コミュニケーション力がある人間は、評価され、重宝される。

 稚拙な文章しか書けなくて、どうして良好なコミュニケーションができるだろうか?

5.思わぬ誤解を生む

 稚拙な文章は、誤解を生む。適切な伝達ができないのだから、当然だ。しかも、伝わらないだけでなく、「間違って伝わる」のだから始末が悪い。誤解はあなたの立場を悪くし、誤解を解かなければならないという、無駄な仕事が発生する。

 やがて、誰も仕事を頼まなくなるだろう。これは、プライベートでも同様である。

6.思慮が浅くなる

 稚拙な文章しか書けない理由の根底には、読書力の低さがある。読書をする人間の文章は、一定の水準を保っているものだ。なぜなら、多くの良い文章(時に悪い文章)に触れているからだ。

 そして、読書をすることで、人は思慮を深くする。 考えずに本を読むことは出来ないのだ。軽薄な人間には、軽薄な評価しか与えられない。

7.情報収集の範囲が限定される

 情報社会において、一部のメディアからのみ情報収集することは、いただけない。情報は、多方面から収集し、自分の意見を組み上げるべきだ。少なくとも、その真偽を確かめず、盲信的な人を評価することはできない。

 もちろん、独裁者の意見を妄信するのも同様だ。文字媒体から情報を収集しない人はいないと思うが、本を読まない以上、限定された情報と言えよう。

8.世界が広がらない

 稚拙な文章の原因は、読書力の低下にある。 また、文章力の低下は、コミュニケーション力の低下を生む。 読書もしない、コミュニケーションもできない人間の世界は広がらない。

 世界を広げるには、「感じること」と「理解すること」が必要だ。そのためには、読書もコミュニケーションも欠かせない。

9.礼儀がないと思われる

 本人にそのつもりがなくても、無礼な行為は存在する。 こと文面には、それが反映されやすい。あなたも一度くらいは、心ないメールや手紙を、もらったことがあるだろう。無意識な非礼は、意識していないだけに、問題の根が深い。

 誰がそのような人に、重要な仕事を任せるだろうか? 私ならとても任せられない。

10.文は人なり

 「文は人なり」という言葉がある。 フランスの博物学者ビュフォンの言葉だ。その意味は、「文章には、書き手の人間性や人となりが、如実に表れる」というものだ。

 つまり、文章を見れば、書き手がどんな人なのか判断できる。稚拙な文章には、低い評価しか下されない。文章はその人を表すのだ。

まとめ

<稚拙な文章があなたの評価を下げる10の理由>

  1. 第一印象を下げる
  2. 知的さがないと思われる
  3. 教養がないと思われる
  4. 伝えたいことが伝わらない
  5. 思わぬ誤解を生む
  6. 思慮が浅くなる
  7. 情報収集の範囲が限定される
  8. 世界が広がらない
  9. 礼儀がないと思われる
  10. 文は人なり

  いかがだろうか。稚拙な文章が、いかに書き手の評価を下げるのか、お分かりいただけたと思う。しかし按ずることはない。ちょっとした努力と心がけで、文章力は飛躍的に向上する。

実地で文章力を高めよう!

 コツをマスターしたら、実地で書いてみよう。最近では、クラウドソーシングと呼ばれるサイトから、簡単に文章作成やロゴ、デザインを受注できる。もちろん発注も可能だ。ちょっとした副収入にもなるので、まずは登録だけでも済ませよう。登録は無料

 代表的なのは、TVでも話題のクラウドワークスだ。上場企業だから安心して利用できる。すぐに登録でき、仕事をはじめられるので手っ取り早い。価格も数百円~数万円まで幅広いのが特徴だ。

 クラウドソーシングの大手としては、ランサーズも有名だ。案件数もかなりあるので、受注・発注ともに活用でる。無料登録だけでもしておこう。ライティングはもちろんのこと、さまざまなスキルを売買できるココナラもオススメだ。

 お手軽さでは 文章書いてお金をもらおう♪(Shinobiライティング)や、ネットバイトで案件数No.1ライティングサービス『REPO』もいい。まずは登録だけしておいて、時間が空いたら記事を書いてみよう。

※プロライターへの「取材・執筆」依頼はコチラ
※稼げるフリーライター養成講座はコチラ

あわせて読みたい

コジゲン一言メモ

 稚拙な文章で、評価を下げちゃうだけならいいけど、場合によっては恥をかくこともあるよ!

オススメ書籍

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.