3.法的な督促(催告)にも応じない場合→「訴訟」をする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスがクライアントの未払いに対応する手法その3。

法的な措置でも支払いがない。それが「3.法的な督促にも応じない場合」です。

「法的な督促にも応じない場合」とは

法的な督促にも応じない場合」とは、内容証明郵便によって催告をしても、相手方が支払わないときのことです。ここまできたら、もう背に腹は代えられません。心を鬼にして、裁判上の手続きをすることをオススメします。

未払いにおける裁判上の手続きとしては、大きく「民事調停」「支払督促」「訴訟(少額訴訟)」があります。あわせてこちらでは、「即決和解」という制度についても簡単にふれておきます。それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

・民事調停

・支払督促

・訴訟(少額訴訟)

・即決和解

 

≫民事調停

 

 

すぐに役立つ内容証明・支払督促の書き方と基本書式フォーマット126
木島 康雄
三修社
売り上げランキング: 576,933

5つの事務所で強力サポート!!
 完全成功報酬型の残業代請求無料相談センター

税理士の料金を安くしたい方はコチラ

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.