変化に対応・事業拡大! フリーランスにおける戦略とは

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランス, 事業拡大, 戦略

「戦場において優位に物事をはこぶため」。そもそも「戦略」とは、そのような目的で使われていた、軍事用語です。戦争とビジネスが似ていることから、類推して用いられています。

では、なぜビジネスには戦略が必要なのでしょうか。目の前の仕事にはげむだけでは、不十分なのでしょうか。ポイントは、「競争」と「継続」にあります。

市場には競争があり、わたしたちは継続してビジネスをしなければならない。そうなったとき、戦略がなければ生き残れません。それは、フリーランスでも同様なのです。

悲観的で現実的な未来予測

たとえば未来のことを考えてみましょう。5年~10年ほどの近未来です。そこで人々は、どのような暮らしをしているでしょうか。とくに、仕事の面から考えてみてください。

オックスフォード大学の調査によると、20年以内に、現在おこなわれている仕事の47%が機械によって代替されるそうです。代替される仕事の多くは、いわゆる「単純労働」です。

このことは、オックスフォード大学の調査をみるまでもなく、容易に想像できます。現に、ここ数十年で仕事の内容は様変わりしているのです。機械がどんどん仕事を奪っています。

目標と現状のギャップをうめる

「わたしはクリエイティブな仕事をしているから大丈夫」。はたしてそうでしょうか。もしかしたら、仕事を奪われたひとたちが、クリエイティブな仕事に参入するかもしれません。

たとえ熟練のワザやセンスがあったとしても、ツールによって補える可能性があります。また、営業力や宣伝力、人脈、マーケティングなどが得意なひとは、それだけで強敵です。

だからこそ、どのような競合がいても勝ち抜けるだけの戦略が必要となるのです。明確な目標をもち、現状とのギャップをうめていくこと。その結果、非凡な存在へと成長できます。

戦略が環境と目的を補完する

フリーランスとして活躍し続けるには、まず、継続して事業を営まなければなりません。そのうえで、右肩あがりの成長を続けつつ、確実な利益を創出していくこと。それが基本です。

たしかに、目の前の仕事に全力で取り組むことも大切です。ただし、それだけで生き残れるほど、社会は甘くないのです。短期的な施策だけでなく、中長期的な戦術が必要です。

では、自分なりの戦略を構築するにはどうすればいいのか。まず、現在の環境と、事業の目的を明らかにすることです。そのうえで、どういった存在になるべきか考えてみましょう。

まとめ

ビジネスには不確実性がつきものです。昨日までの常識が、明日以降も通用するとはかぎりません。フリーランサーは、つねにそうした不確実性と対峙する必要があります。

そのときに、自分なりの確固たる戦略があれば、ブレることなく事業を継続できます。なにをするべきか、なにをするべきでないかが、戦略によってつねに明らかになるのです。

過去の成功体験も、他人の成功事例も、あまり参考にはなりません。それよりも、自分なりの経営資源をみなおし、戦略として再考する。それこそ、フリーランスに必要だと思います。

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.