年末年始に読みたい!2018年ベスト選書5冊+1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もいよいよ終わりが近づいてきました。みなさんにとって、2018年はどのような年でしたでしょうか。そして、2019年はどのような年にしたいですか?

今年は平成最後の年でもあります。心機一転、あたらしい気持ちで新年をスタートさせるためにも、ぜひ年末年始は読書をしてみてはいかがでしょうか。

そこでこちらの記事では、「年末年始に読みたい!2018年ベスト選書5冊+1」をお送りします。どんな本を読めばいいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末年始に読みたい!2018年ベスト選書5冊+1

以下、2018年のベスト選書5冊+1を紹介しています。

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』津川大介

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

本書は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で助教授をしている著者が“究極の食事法”についてまとめたものです。類似本では『医者が教える食事術』が大ヒットとなりましたが、個人的には本書の方が読みやすいと思います。とくに、地中海食の概要として紹介されている食材のピラミッドがわかりやすい。2019年は、体調管理に力を入れてみてはいかがですか?

『コンビニ外国人 』芹澤健介

コンビニ外国人 (新潮新書)

「そういえば最近、コンビニの店員は外国人が増えたよな」。そんな疑問をもった方にぜひ読んでもらいたいのがこちら。今年は入管法改正案にともなう、事実上の“外国人労働者の受入れ拡大”が決まった年でした。これから先、私たちはどのように在日外国人と付き合っていけばいいのかを考えるうえでも、本書はとても参考になります。

・記事:コンビニ店員に外国人が多い理由|コンビニ外国人

『世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ』山本秀樹

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ

真の教育改革がここにある。本書では、最高の教育を適正な価格で提供する、まさに教育界のイノベーションを実現した大学「ミネルバ」の全貌が明らかにされています。2018年は、日本の大学において年齢や性別による差別的取り扱いが発覚し、教育のあり方が問い直される年となりました。一方、世界はこれだけ進んでいるのだと実感できる書籍です。

・記事:ベンチャー大学が世界の教育を変える!『世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ』

『すいません、ほぼ日の経営。』川島蓉子、糸井重里

すいません、ほぼ日の経営。

糸井重里さん、そしてほぼ日らしいエッセンスがふんだんに盛り込まれている本書。「ああそうか、だからほぼ日に惹かれてしまうんだな」と、気づかせてくれるような内容となっています。また「おもしろさの追求」とか「根源的な欲求の探求」など、大切なことを思い出させてくれる良書です。ただ、質問の内容はちょっと固いので、その点はご注意を。

・記事:ほぼ日の経営“やさしく・つよく・おもしろく”がわかる本|『すみません、ほぼ日の経営』

『右脳思考』内田和成

右脳思考

ビジネスという、左脳が物を言う現場において、右脳(直感)を重視することの大切さを教えてくれるのが本書。「勘で仕事をする」というと、いかにもいい加減なように思えてしまいますが、さにあらず。長年の経験と身につけた実力が脳に作用し、最適な答えを導いてくれることも。左脳に頼り過ぎている方は、ぜひご一読を。

・記事:優れたビジネスマンはなぜ直感に頼るのか?|『右脳思考』

番外編『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』鈴木智彦

サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う

暴力団やヤクザへの密着取材といったらこの人。今回のテーマは「サカナとヤクザ」です。アワビ、ウニ、カニなどの密漁に関する事実は、多くの人にとって寝耳に水なのではないでしょうか。しかし、そこに漁業全体が抱える構造的な問題が隠されています。5年間にわたり、実際に現場で働きながら収集した情報の数々はまさに圧巻という他ありません。強烈です

普段は手に取らない本を

年末年始のようにまとまった時間がとれるときは、ぜひ、普段は手に取らない本を読んでみてください。自らのコンフォートゾーンから積極的に外れてみることで、世界が広がりますよ。

平成の最後に、そして2019年という新しい年に向かって。読書を楽しみましょう。

本稿で紹介されている書籍一覧

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事posted with amazlet at 18.12.29津川 友介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1,313
Amazon.co.jpで詳細を見る

コンビニ外国人 (新潮新書)

コンビニ外国人 (新潮新書)posted with amazlet at 18.12.29芹澤 健介
新潮社
売り上げランキング: 2,874
Amazon.co.jpで詳細を見る

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバposted with amazlet at 18.12.29山本 秀樹
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4,844
Amazon.co.jpで詳細を見る

すいません、ほぼ日の経営。

すいません、ほぼ日の経営。posted with amazlet at 18.12.29川島蓉子 糸井重里
日経BP社
売り上げランキング: 174
Amazon.co.jpで詳細を見る

右脳思考

右脳思考posted with amazlet at 18.12.29内田和成
東洋経済新報社
売り上げランキング: 61
Amazon.co.jpで詳細を見る

サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う

サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追うposted with amazlet at 18.12.29鈴木 智彦
小学館
売り上げランキング: 484
Amazon.co.jpで詳細を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.