企業が環境変化に対応できずに失敗する原因とその対策

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業,環境,変化,対応

環境変化に対応できない企業はやがて淘汰されてしまいます。それが、「経営は変化対応業である」と言われる所以です。そう、企業には変化への対応が欠かせないのです。

しかし一方で、企業が環境変化に対応できず、失敗してしまうケースが後を絶ちません。その必要性が認識されているのにも関わらず……。いったい、なぜなのでしょうか?

環境変化が不連続かつ激しい現代

現代のように、環境変化が激しい時代においては、環境変化への対応は急務です。とくに大規模な組織であれば、内部の硬直化をいかに打破するかが課題となります。

しかし実際には、環境の変化に対応できてない企業が少なくありません。その背景にあるのは、「環境の不確実性」です。(「環境の複雑性」「環境変化の動態性」

環境の不確実性があるために、意思決定者が環境についての十分な情報を得られず、有効な意思決定ができなくなってしまうのです。

主体的な環境変化への対応が急務

では、企業が環境変化に対応し、長期的・持続的な競争優位を実現するためにはどうすればいいのでしょうか。ポイントは「変化の感知」「戦略の創造」にあります。

そして、環境の変化を感知し、戦略を想像するために必要なのは「組織能力」です。組織のさまざまな活動を結びつける組織能力こそ、環境変化の対応に欠かせないものなのです。

ただし、そのような組織能力もいずれは陳腐化(コア・リジディティ)してしまいます。だからこそ、つねに組織能力を見直し、更新するための「創造的学習」が不可欠となります。

まとめ

・環境変化への対応は急務

・変化への対応に失敗する原因は「環境の不確実性」

・「組織能力」を高め「創造的学習」を継続するべし

参考

【経営学イノベーション】3 経営組織論(第2版)
中央経済社
売り上げランキング: 205,976

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.