ライターの仕事は「和文和訳」! 複雑なことをわかりやすく説明する技術

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター,仕事

世の中には、たくさんの「伝えたい」があふれています。「恋人に愛を伝えたい」「自分のことを知ってもらいたい」「自社製品をPRしたい」。どれもすべて「伝えたい」です。

しかし、それらすべての想いがかならずしも成就されるとは限りません。なぜなら、伝えたい対象はつねに忙しく、あふれる情報と対峙しているからです。ライバルは多いのです。

そこで、ライター(文章家)の出番です。ライターは、適時・適切な言葉によって、伝えたいあいてに伝える工夫をする専門家。つまりライターの仕事は、「和文和訳」なのです。

どうしたら想いが伝わるか

そもそも、どうしたら伝えたい想いを伝えることができるのでしょうか。まず、大切なのは、対象をしっかりと見定め、五感に訴えかける努力をすることです。

幸いなことに、現代では電話やメール、チャットなど、対面以外のさまざまな伝えるツールがあります。しかもスマートフォンを使えば、24時間どこにいても伝えられます。

ただし、いくら便利なツールがあったとしても、適切な言語、つまり伝わる言葉によって伝えなければ意味がありません。同じ日本語だからといって、伝わるとは限らないのです。

和文和訳の意義

では、ライターの仕事はなにか。ライターは、伝える専門家であり、言葉のプロフェッショナルです。伝えることに特化し、言葉をつねに研究し、しのぎを削っています。

どのようなあいてに対し、どのようなタイミングで、どのような言葉をつかってアプローチするか。最適なワードやツールはなにか。文量、文調、文体はどれがいいのか。

そういった、伝えるための文章に関する、さまざまな試行錯誤ができるからこそ、クリエイティブであると言えます。ライターが書いているのは、“伝えるための”言語なのです。

情報の波にのまれない方法

情報が氾濫している現代。実際のところ、氾濫どころか、堰を切っていたるところにあふれかえっています。必要なのは、情報収集ではなく、取捨選択です。

そのような状態において、いかに特定のひとに伝えたいことを伝えられるか。むずかしい課題ではありますが、それを考えるのがライターの仕事です。つまり情報の波をわたりきること。

だからこそ、ライターは言葉にこだわり、対象をじっくりと観察し、取材、インタビュー、考察などを経て、絞り出すかのように文章をつむぎます。そこに命をかけるのです。

まとめ

だれが、どのように、どのような言葉で、どのタイミングで、どの程度の頻度で伝えるか。あふれる情報のなか、わかりにくいメッセージもあれば、社会に溶け込む思想もあります。

つねに学び、まだ学び、それでも飽きたらず学び続けた結果、ちょっとだけひとよりも理解できるようになる。そのうえで、精一杯くふうをこらし、文章をつくりこむ

それがライターの仕事だと思います。和文和訳と言えば、その必要性に疑問をもつ方もいるかもしれません。しかし背景にあるのは、人々の「伝えたい」という想いそのものなのです。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.