上から目線のメールについて|【漫画】フリーランスあるある2015③

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールにイラッ」について。

フリーランス4コマ3

 とくにビジネスメールの文章って、感情をこめにくいこともあって、どうしても無機質なものになりがちです。かと言って、あまりに馴れ馴れしいメール(絵文字を多用するなど)を送られると、閉口してしまいます。

 だからこそ、最新の注意を払って対応しているのですが、「上から目線」のメールに関しては、ついつい感情的になってしまいます。やっぱり、性格とか、気持ちとかが出てしまうんでしょうかねえ。

 きっと、本人にしてみれば、悪気はないんでしょう。けど、上から目線のメールをもらった相手は、そこからその人についてをイメージしてしまうのです。「うーん、この人と仕事したら、この先ずっとこのペースなのか」と……。

 いっそのこと、定型文をそのまま使ってくれればベストなんですけどね。どんな要件であろうと、いつも同じフォーマットを使ってくれれば、そんなにイラッとさせられることもないはずです。ぼく自身、そうしています。

 ただ、そうは言っても、あまりにそっけないのも考えものですよね。「◯◯です。以上」みたいな。あと、「取り急ぎご連絡まで」みたいなのもやめてほしいなー。だって、どうすればいいのかわからないもん。

 あとは、派手な経歴だけを送ってくる人。どうしていいのかサッパリわかりません。なんだかんだ言っても、メールはコミュニケーションツールなので、「要件を簡潔に」がベストですよね。あとは、気持ちの問題です。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.