集中力を極限まで高めるためにもっとも活用できるアイテムは◯◯でした

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、仕事中に炭酸水をよく飲んでいます。ただ、うちの事務所には冷蔵庫がないので、箱買いしたものはそのままオフィスの棚に突っ込んでいます。これでも、この時期は冷房をガンガン効かせているので、わりと適温になってくれたりします。冷蔵庫って、どうも冷えすぎるんですよね。


炭酸水が集中力を高めます

 炭酸水の効用としては、リフレッシュ、疲労回復、空腹感の除去などがあるみたいですが、単純にボクは気分的な意味で飲んでいます。落ち着くというか、飲んでいると仕事に集中できるというか。結局のところ、やっている仕事は楽しくても、長時間パソコンの前にいると気持ちは萎えますからね。

 飽きるというのとも似ていて、マンネリとも言えそうです。本当に仕事に集中できるまでの、ちょっとした時間、これが倦怠感みたいなものをまとっているので、集中力の欠片をつかむまではけっこう大変だったりします。環境自体も、試行錯誤を加えて、何度も何度も変えているんですけどね。

 たとえば、スタンディングにしたり、複数のパソコンを使ってみたり(オフィスには実に5台のパソコンと2台のスマホがあります)、靴をはいてみたり、超強力な耳栓をしてみたり。そうやって、どうには集中力を引き寄せようとしているわけです。モードに入るまでは。

 炭酸水もそのきっかけとなるアイテムのひとつなんですね。いろいろ飲みました。ペリエからセブンの炭酸水、六甲のおいしい水の炭酸水、サントリーのもの、いろはすの炭酸水など、Amazonで購入できるものはほとんど飲んだかと思います。で、行き着いたのが『ウィルキンソン タンサン

 たぶん好みの問題だと思いますが、ポイントとなるのは「炭酸の強さ」「のどごし」「塩気」、この3つに集約されるのではないでしょうか。水の炭酸バージョンですから、そんなには差がないわけですよ。だからこそ、この3点を基準に、いかに自分に合うかを見極めるのが大切なんですね。

ウィルキンソン タンサン 500ml×24本
アサヒ飲料
売り上げランキング: 5

アサヒ ウィルキンソン タンサン ビッグボトル 1000ml×12本
アサヒ飲料 (2015-04-21)
売り上げランキング: 1,253

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.