日中のパフォーマンスをあげたいなら人生の3分の1を占める睡眠に投資しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「良質な睡眠を得る」というのは、多くの方にとって永遠のテーマだと思います。あちこちで言われていることではありますが、やっぱり、睡眠の質というのは大切で。人によって時間や程度は異なるかと思いますが、どれだけ満足のいく睡眠が得られるかによって、人生そのものが変わるんですよね。

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

良質な睡眠を得るためにできるコト

 ただ、人によって最適な睡眠時間が異なるということもあって、正解はないわけです。やれ8時間はキープするべきだとか、やれ4時間で十分だとかいろいろな言説はあるものの、なんだかんだ言っても本人の頭がスッキリして、起きているあいだのパフォーマンスが最適化されればそれで良い。

 だからこそ、自分のカラダで実験するしかないわけです。睡眠のPDCAですよ。「自分はショートスリーパーだから5時間ぐらいがベストかな」とか、「私は最低でも7時間は眠らなければ支障がでる」とか、大体の検討はつくはずです。その仮説を確かめるために、毎晩、実験をくり返してみる

 もちろん、時間だけではないですよね。寝室の環境も大切です。部屋の温度、湿度、音、におい、服装、敷布団、掛け布団、シーツの質感や色などなど、こだわるべき部分は多岐にわたります。時間に加えて、そういった細かい要素が掛け合わさって、本当に最適な睡眠が完成するのではと思います。

 8時間寝ている人にとって、睡眠は人生の3分の1を占めることになります。ボクはおおむね6~7時間ぐらい寝たいタイプですが、これ以上、短くしようとも長くしようとも考えてはいません。6~7時間というのが、自分にとって最適な時間だとわかっていますから。少なくとも現段階では。

 だから、人生の3分の1でも4分の1でも、必要な時間だとして受け止めています。むしろ、3分の1という大きな時間を占めているからこそ、お金を投資するべきだとも考えていて。最近のお気に入りはマットレスで、『低反発マットレス トゥルースリーパー』 を使っています。通常のマットレスとは一味も二味も違う

 全身を包み込む柔らかさ、適度にカラダが沈む強度、寝返りをうったときの違和感のなさなどなど、睡眠の質を高まるために重要なポイントを押さえてくれているので、それなりの金額はしますが、良い投資になったと思っています。『エアリーマットレス』 も気になっているので、試してみる予定です。

 あとは、状況に応じて耳栓『MOLDEX Meteors』 を使ったり、香りのするスプレー を使ったり、BGM を流したりでしょうか。あ、もちろん、夏場は除湿を入れっぱなしにしています。ここをケチってしまうと、日中のパフォーマンスに響きますので、夏の電気代もまた投資と言えますね。冷房疲れは湯船に浸かれば治ります。

エアコン風よけカバー AIR WING Smart Pro (ホワイト)
STELLA MARKS JAPAN
売り上げランキング: 145

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.