「で、結局SEOって何をすればいいの?」に答える10の項目

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0001_013731

ブログやHPを運営するにあたって SEO(=Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)対策が叫ばれて久しいですが、結局何をすれば良いのでしょうか? たくさんのサイト たくさんのツールがあるけど ありすぎて良くわからない! 

そんな方のために とりあえず理解するべき 『SEOの基礎10項目』をお送りします。


SEOの基礎

1.SEOって何?

SEOとは Search Engine Optimization=検索エンジン最適化のことです。 GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、 上位に表示されるための技術ですね。

2.なぜ必要なの?

サイトの訪問者を増やすためです。 サイトの訪問者を増やすためには、 大きく分けて二つの戦略が必要です。

  • SEO対策:自ら検索(ウォンツ)
  • ソーシャルメディア戦略:バズ(インタレスト)

この双方からの働きかけによって 相乗効果的に サイト訪問者を増やすことができます。

3.SEO対策は何をすればいいの?

実際のSEO対策は 次の二つの視点から行なう必要があります。

  • サイト”外部”の対策→良質な被リンク(リンクしてもらうこと)を得る
  • サイト”内部”の対策→良質なコンテンツとキーワード

4.具体的には?

具体的には次の4つを行います。

  1. 検索エンジン対策
  2. キーワードリサーチ
  3. コンテンツ制作
  4. 被リンクを得るための施策

5.①検索エンジン対策

検索した人が 「目的を果たせる」「役に立つ」「得をする」 そういった良質なコンテンツを作りましょう。 無料ダウンロードやpdf資料、動画やウェビナーなども 多くのPVを獲得するためには役に立ちます。 この際、 ソーシャルメディアとの連携も 欠かさずに行いましょう。

6.②キーワードリサーチ

Googleであればキーワードリサーチツール(アドワーズ) などを使って どのようなキーワードが求められ そのキーワードがどのくらい検索されているのか 把握しながら運用しましょう。 いくら検索数が多いキーワードでも、 サイトの中身とかけ離れていると、 意味を成しません。

7.③コンテンツ制作

リサーチによって得られたキーワードをサイトの各所に盛り込みましょう。タイトル、記事の文中、メタタグ、個別ページなど 盛り込むべき場所はたくさんあります。また、サイトの更新はこまめに行いましょう。

8.④被リンクを得る

良質なコンテンツを作成し、同じジャンルの良質なサイトへの アプローチをしっかりと行えば被リンクが得られる可能性は高まります。あせって増やそうとせず、まずは自分のサイトを充実させましょう。被リンク用のサテライトサイトなどを作り、リンク数を稼ぐ手法はもはや通用しません。ペナルティの対象となる場合もあります。

9.注意すべき点は?

その他には

  • テーマと記事の中身を合っているか?
  • キーワードを多く設定し過ぎていないか?
  • キーワードは複合的なものを使用しているか?
  • キーワードを書きすぎていないか?
  • クロールしやすい階層になっているか?
  • リンク切れはないか?
  • 被リンク先は業者などのSEO対策用サイトじゃないか?
  • テキストリンクを使っているか?
  • 全体を俯瞰して、SEOを意識しすぎていないか?

などもチェックしておきましょう。

10.一番重要なのは?

抑えるべき細かい点は 他にもたくさんありますが、一番重要なことは 『良質なコンテンツを作り上げること』 これに尽きます。ぜひ、たくさんの方にサイトを訪れてもらって より多くの価値を提供できるよう、SEO対策を行なって行きましょう!

追記(2014.4.14)

2013.9月に導入された「ハミングバード」実装後も、ユーザーの問題を解決するための「コンテンツの質」が重要なのは変わっていません。

<参考>

http://ascii.jp/elem/000/000/880/880705/ 

http://www.sem-r.com/news-2013/20130930150505.html

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.