『ゴーストライター論』に学ぶ、ゴーストライターの実像とは

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴーストライター論 (平凡社新書)

ゴーストライター論 (平凡社新書)

佐村河内守氏の事件によって注目された「ゴーストライター」。

もともと語感がよろしくないうえに、さらに事件によって、“後ろ暗いもの”として社会的に認識されてしまった感があります。

同名のドラマも放送されましたが、よもや作家のゴーストライターとは……。詐欺師と言われても仕方ありません。

もっとも、『ゴーストライター論』 に書かれているのは、いわゆる「影の存在」としてのゴーストライターではなく、「インタビューや取材を経て、忙しい著者になり変わって書籍を書き上げるスペシャリスト」のような存在です。

本書で「チームライティング」と読んでいるように、個人とも限りません。

私もブックライターの端くれとしていくつかの書籍の制作に携わっていることもあり、現在のような「間違ったイメージが先行している社会の風潮を変える活動」、つまり啓蒙活動は、大変ありがたく思います。

これから著書を出してみたいと思っておられる方々にとっても、プラスにはたらくはずです。

いくつかの書籍を担当させていただき、私が感じているブックライターのイメージは、「本の職人」です。

編集者がディレクター、出版社がプロデューサーといった感じでしょうか。もちろん、著者は役者です。

そのように、プロフェッショナルが集ってはじめて成り立つのがゴーストライティングだと思います。

「書籍という媒体を使って、社会に伝えたいメッセージがある」。そのように考えている方は多いかと思います。

しかし、みなさん自分の仕事が忙しいことでしょう。活躍されている方ほど、書籍を書く時間を確保できないものです。

そこでブックライターを使ってもらう。ゴーストライティングによって世の中に書籍を出す。

その結果、だれかに何らかの好影響を与えられるのであれば、職人冥利につきるというものです。

ゴーストライター論 (平凡社新書)

あわせて読みたい

ビジネス書の9割はゴーストライター
吉田 典史
青弓社
売り上げランキング: 431,998
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法
上阪 徹
講談社
売り上げランキング: 143,671

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.