絶対にフランスに留学したくなる書籍|異邦人のまなざし―在パリ社会心理学者の遊学記

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異邦人のまなざし―在パリ社会心理学者の遊学記

異邦人のまなざし―在パリ社会心理学者の遊学記

  常識を疑うことの大切さ。どこかで聞いたセリフだ。しかし、その言葉の本当の意味を知る人は少ない。

 著者は、人生がちょっとした出来事によって大きく変わることを自ら体現した。ホッケーで日本代表に選ばれなかったという挫折がそのままエネルギーとして残り、早稲田大学に在籍したまま単身フランスへ。その後は大学を中退(正確には学費滞納による除名)し、フランスで社会心理学社になる。

 能力不足、資金不足、現実的な判断、漠然とした不安。そういった取るに足らない事象を前にして日本を飛び出せない人々に、本書は活を入れる。何よりも行動することが大切。ただし、それは実際に行動した人間だけが言えるセリフなのだ。

 改めて異国の地から日本を眺めてみること。それが常識を疑う契機となる。短い人生の中で、日本に住んでいるからこそ経験すべきことを、本書は教えてくれる。

異邦人のまなざし―在パリ社会心理学者の遊学記

<関連本>

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)
小坂井 敏晶
筑摩書房
売り上げランキング: 3,608

増補 民族という虚構 (ちくま学芸文庫)
小坂井 敏晶
筑摩書房
売り上げランキング: 167,599

責任という虚構
責任という虚構
posted with amazlet at 14.07.21
小坂井 敏晶
東京大学出版会
売り上げランキング: 143,457

人が人を裁くということ (岩波新書)
小坂井 敏晶
岩波書店
売り上げランキング: 67,087

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.