【献本御礼】『新卒はベンチャー企業へ行きなさい』清水宏

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方 (幻冬舎単行本)

新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方 (幻冬舎単行本)

 現状、優秀な学生の多くが、大企業への就職を希望しているようです。現代のように、若くして起業する人が増えている中でも、状況はあまり変わっていません。

 その点、本書『新卒はベンチャー企業へ行きなさい』の著者である清水宏氏は、新卒のうちからベンチャー企業へ行くことを進めています。

 では、なぜ新卒のうちからベンチャー企業に就職するのが良いのでしょうか。そして、その背景にはどのような想いがあるのでしょうか。

新卒がベンチャー企業に就職する意義

 本書『新卒はベンチャー企業へ行きなさい』で紹介されているのは、時代が大きく変わっていること、そしてベンチャー企業こそ多くのチャンスを含んでいることが主張されています。

 たしかに、インターネットの普及により、社会全体のパワーバランスは大きく変わりました。それは日本も例外ではなく、これから先、さらに社会は変遷していきます。

 とくに注目すべきなのは、“個々人の働き方”についてです。少子高齢化が進展する社会においては、私たち一人ひとりが、生産性を上げていかなければなりません。

 そのために必要なのは、これまでの働き方を抜本的に変え、新しい仕事のあり方を問い続けていくことです。その答えのひとつとして、ベンチャー企業への就職があるのです。

 もちろん、ベンチャー企業は万能ではありません。成長性やポテンシャルがあるぶん、不安定な業績や見通せない将来性など、不確定要素も多いのが実情です。

 しかし、そういったマイナス面を差し引いても、若いうちにベンチャー企業で仕事をすることは、将来のキャリア形成に大きなプラスの効果をもたらすのです。

 たとえば、会社全体を俯瞰できたり(鷹の目)、0を1にする体験やリーンスタートアップについても実体験をもとに学ぶことができたりなど、さまざまな利点があります。

 本書『新卒はベンチャー企業へ行きなさい』では、そういったベンチャー企業で働く意義が数多く紹介されています。

 これから就職する方、あるいは現状に不満がある方はぜひ、一読してみてはいかがでしょうか?

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.