2-2-1.社会人大学院(MBA)入試・筆記験対策(英語、専門科目)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人大学院(MBA)入試ではあまり重視されませんが、受験する大学院によっては試験科目となる「英語」。加えて、専門科目の対策についても解説しています。

<英語>

→長文読解が基本

・長文の全文訳

・下線部訳

・大意要約

※専門用語を中心に覚える

<専門科目>

→論述式の試験が中心

・必要な知識の習得

・過去問による訓練

・予想問題への取り組み

英語

大学院の入試で問われる英語は、主に「長文読解」となります。高校や大学入試のような「穴埋め」「文法や単語」の問題は出題されません。

では、なぜ長文読解が中心なのか。その理由は、海外の論文などを読む機会があるためです。そのため試験問題としても、「全文訳」「下線部訳」「大意要約」がメインとなります。

とくにMBAの場合であれば、経営に関する時事ネタや、簡単な論文からの抜粋が出題されることもあります。専門用語を中心に学習しておけば、それほど難しくはありません。

普段の学習にあたっては、関連する分野の英文を実際に和訳する練習をしてみましょう。実際に書き出してみると、どれだけ理解が進んでいるか明らかになります。

専門科目

小論文の項でも解説しましたが、専門科目の試験は論述式のものがメインとなります。あらかじめ必要な知識を入れておき、過去問等を使って予行練習をしておきましょう。

体系的な知識を入門書で学んだあとは、専門書を読んでより深い知識を身につけてください。また、専門用語については、自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

出題される分野の専門用語については、あらかじめリストアップしておき、実際に書き出しておくと勉強になります。また、自分で予想問題をつくって取り組むのも効果的です。

読んでおきたい経営書は次のとおりです。

・入門書

やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

みんなの経営学 使える実戦教養講座 (日経ビジネス人文庫)

はじめての経営学―日本を代表する経営学者による誌上ビジネススクール

・基本書

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

日本の企業システム(全4巻)

経営戦略の論理 〈第4版〉―ダイナミック適合と不均衡ダイナミズム

社会人&学生のための大学・大学院選び2017年度版(リクルートムック)
リクルートホールディングス (2016-07-25)
売り上げランキング: 14,114

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.