意味のある仕事をするために必要な問い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13

 「このままでいいのだろうか?」

 「自分にとって、本当にやりたいこととはなんだろうか?」

 そのように、自らの仕事において何らかの迷いが生じたとき。次の、マズローの言葉を思い返すようにしたい。

人は誰でも、無意味な仕事より意味のある仕事をしたがるものだ。仕事が無意味だと、人生も無意味に等しくなる。

 そもそも、意味のある仕事とはなんだろうか。それは各人によって異なるものだ。仕事に、あるいは人生に何を求めるのかは、それこそ千差万別である。

 たとえば『フリーエージェント社会の到来』において、意味のある仕事のキーワードとして挙げられているのは、「自由」「自分らしさ」「責任」「自分なりの成功」である。

 自由とは、自分の意思を貫けること。

 自分らしさとは、ありのままの自分でいられること。

 責任とは、自分の生活の糧と評判を賭けて仕事をすること。

 自分なりの成功とは、自分にとってのいいことを成功の基準にすること。

 フリーランスの多くは、自由と自分らしさを謳歌しつつ、責任を肌で感じながら、自分なりの成功を目指していることだろう。

 そこで言う成功は、必ずしも金や出世、事業の拡大を指していない。本書でも紹介されているように、成功とはボブ・ディランの言葉に象徴されている。

「成功したと言えるのは、朝起きて、自分のやりたいことをやれる人だ」

 あるいは、次のスティーブ・ジョブズの言葉も、同様の意味合いをもっている。

「もし今日が人生最後の日だったら。僕は今からすることをしたいと思うだろうか? その質問に対してノーが続くなら、何かを変えなければならない」

 もし、ディランやジョブズの言葉に少しでも共感するのなら。今すぐ、行動を開始するべきだ。頭で考えるのではなく、考えながら行動すること。正しい行動で、自分自身を忙しくすること。

 その先に、冒頭の問いに対する答えがある。

フリーエージェント社会の到来 新装版---組織に雇われない新しい働き方

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.