良い文章とは“完読される文章”である! 読まれる文章の書き方|『新しい文章力の教室』

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)  

「いきなり書き始めないこと」『新しい文章力の教室』 を一言でまとめるとそうなります。文章を書くのが苦手な方にとっては、肝に銘じておきたい言葉ですね。では、文章を書き始める前に、どのようなことをすればいいのでしょうか。それが、文章を書く前の3つの準備「要素」「順番」「軽重」の決定です。  


 

3つの準備

具体的には、次の3つの準備をした後に、文章を書きはじめます。

1.これから書く文章の「要素」をピックアップする(主眼(テーマ)の決定)
2.ピックアップした文章の「順番」を決める
3.主張したい度合い(「軽重」)に応じてABCをつける

順番の決め方

その中で、もっとも時間がかかるのが「順番」の決定です。それぞれの要素をどのように並べればいいのかは、考え続ければキリがありません。そこで『新しい文章力の教室』では、とくにWeb記事の特性を理解したうえで、次のような順番がもっとも好ましいと結論づけています。

結論→問題提起→状況説明→付帯情報

「完読されるのが良い文章」

これらの工夫は、すべて「完読される文章を書くこと」を意識したものです。何が良い文章なのかを定義するのは難しいですが、『新しい文章力の教室』ではあくまでも完読される文章が良い文章だと言い切っています。そうすることで、目標が明確になり、やるべきことが見えてくるのですね。

より良い文章を書くためのポイント

上記以外でも、本書では

第2章 読み返して直す
第3章 もっと明快に
第4章 もっとスムーズに
第5章 読んでもらう工夫

など、より良い文章を書くためのポイントが散りばめられています。とくにWeb記事の文章を書く際には、他の類書と比較しても、より参考になる記述がたくさんあります。ぜひ『新しい文章力の教室』を読み、良質な文章をたくさん書きましょう。

おまけ

※本記事は次のような主眼、要素、順番、軽重で書かれています。

主眼(テーマ):良い文章とは完読される文章である
①いきなり書き始めない(C)
②要素→順番→軽重(B)
③構成は結論→問題提起→状況説明→付帯情報(B)
④「完読されるのが良い文章」(A)
⑤2章~5章までの紹介(C)

実際の準備では「構造シート」と呼ばれるものを使用します。詳しい内容は『新しい文章力の教室』をご覧ください。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.