発見!モテる男は3タイプに分類できるの巻

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0002_010886

夏の日差しは、頭をボンヤリさせる効果がある。
この季節、変な人が出るのも、あながち無理の無いことなのかもしれない。

本を買いに行って、帰ってきてからボ~っとシャワーなど浴びていると、ふと女性を口説く傾向と対策、あるいはPDCAでの仮説検証による成長がなければ成長が無いなどと、他愛もないことを考えていた。

自分にあてはめて考えても、突然自分という人間の容姿や性格が変わるわけではないので、限界がある。
そこで視点を変えるとすると

  • 女性の視点
  • 既に女性に不自由していない男性の視点

の二種類が、妥当だと思った。

そこでふと気づいた。
モテる男性は、大きく3タイプに分類されることに。

スポンサーリンク
[googlead]

モテる男の3タイプ

僕が考えた、モテる男の3タイプは次のとおりだ。

  1. 超一級の二枚目
  2. 話がうまい三枚目
  3. イカツい人

順に説明していこう。

1.超一級の二枚目

これについては、特段説明する必要はないだろう。
イケメンの中にも「まったくモテない」人がいることも事実だが、その理由はこうだ。

彼はただのイケメンで、”超一級”ではないから。

本物の二枚目は、黙っていてもモテる。

喋っていてもモテる。
食事をしてても、運動してても、泣いても笑っても…。

労力がいらないという意味においては、最強だろう。
今後の、遺伝子操作に期待したい。

ex.キムタク、福山雅治、向井理、小栗旬etc…

2.話がうまい三枚目

いわゆる「芸人タイプ」。
近年、お笑いブームで若手芸人がモテまくった時期があったが、彼らは元々モテる要素がある。

言葉巧みに誘い、話で楽しませて、そのまま。
このパターンは、ハマれば何度でもつかえる。

笑うという行為は、気持ちいいことにつながる。
楽しませる、笑わせる、美味しいものを食べさせる、癒すなどは、そのままモテ要素となるのだ。

ex.ロンブー敦、チュート徳井、ブラマヨ小杉、さんま、ビートたけし(次の3でもある)

3.イカツい人

いわゆる、ヤンキー、チンピラ、本職、その筋の人など。
まあ、これらを一緒くたにするのはどうかと思うが、あえて分類するなら。

大抵、イカツい人というのは、女性に事欠かない。
欲求を隠さず、力技で奪い取ったり、押しが強い。

女性側からすれば「守ってくれそうな気がする」といった感じだ。

ex.はちみつジロー、的場浩司、ジュニアetc…

まとめ ~救いがあるとすれば~

社会は、つねに非情な現実を突きつけるものだ。
我々普通の、もしくは、”普通っぽいビジネスマン”は、モテなくても無理は無い。

ただ、もしそこに救いがあるとすれば、上記の3タイプのなかから、自分に近いものをピックアップして、その部分を伸ばせばあるいはモテるようになるかもしれない。

鋭い女性の目をごまかすことができれば、あるいは。

スポンサーリンク
[googlead]

参考

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.