Mac(Pages)でWord文章を閲覧・編集するときの互換性に関する注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macを使っている人にとって最も悩ましいのは、オフィスソフト(Word、Excel、PowerPoint)の閲覧・編集ではないでしょうか。

「Macを使いたいけど、オフィスソフトが編集できないから……」と思っている人も多いはず。かくいう私もそうでした。

とくに物書きの私にとって、Microsoft Word(以下、Word)が使えないのは困ります。そこで、現状はどうなっているのかを調べてみました(2018年12月時点)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macに備わっているオフィスソフト

実はMacには、PagesNumbersKeynoteというオフィスソフトが標準装備されています。それぞれ、Word、Excel、PowerPointのようなものです。

そのうちWordに該当するのがPagesなのですが、MacBook Airの2018年新型を購入し、Wordファイルをクリックしたところ、docファイルがこのPagesによって開かれたのです。

つまり、Macの初期の状態では「Wordファイル=Pages」になるということです。

気になる互換性について

ちょっといじってみたのですが、簡単な編集などは普通に行えます。閲覧も問題ありません。きれいに画面が表示されます。

ただ、「フォントの種類」や「タブ設定」など一部のみ対応しているものもあれば、「テキスト効果」や「縦書き」など、非対応のものもあるようです。

詳しい互換性の内容については、Macの公式ホームページをチェックしてみてください。一覧表でまとめられています。

・Microsoft Officeの書類との互換性

Wordをきちんと編集したいなら「Office 365 Solo」がオススメ

趣味でWordを使っているのならまだしも、仕事でWordを使っている方であれば、互換性がかんぺきではないPagesでの処理はどうかと思います。

やはり、きちんとMac用のMicrosoft Officeを購入して、作業した方が確実と言えます。何より、それが評価につながる可能性もあるのですから。

そこでオススメなのが「Microsoft Office 365 Solo」です。「Microsoft Office 365 Solo」なら、最新のオフィスソフトが使えるだけでなく、複数のパソコンやスマホでも利用可能です。

私はもともと、旧型のMacBook Airで「Office 365 Solo」を使っていたので、すぐ新型の方にもインストールし、スムーズにWordファイルを編集することができました。

ちなみに、購入後はこちらのページからOfficeをダウンロードすればすぐに使えます。ぜひ、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限|メーカー主催3000円キャッシュバック実施中(12/25まで

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限|メーカー主催3000円キャッシュバック実施中(12/25まで

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.