3つの習慣でハイパフォーマンスを維持しよう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気力より体力 一流のコンディションを手に入れる

吉越浩一郎さんのこの本を読んで、習慣についてあらためてじっくり考えてみるとこにしました。

というのも、人間、30歳を過ぎたあたりから、気力だけではパフォーマンスをあげることが難しいのではないか、と痛感しているためです。

具体的には、「8時間睡眠」「1万歩のウォーキング」「赤身肉を食べる」の3つを、日課として取り入れていきたいと思います。

習慣を前提に1日をスケジューリングする

もっとも、行動を習慣化するには、それなりのスケジューリングが必要です。つまり、自分にアポを入れるわけです。冒頭で述べた3つの行動を習慣化するために、次のような工夫をするつもりです。

8時間睡眠のために

8時間の睡眠をとるためには、たとえば22時に寝た場合であれば、6時に起きなければなりません。そうなると、おおむね21時には寝床にいる必要があります。

とくに、風呂上がりのストレッチと寝る前1時間の読書を義務付けているボクの場合、おおむね20時にはお風呂に入っていなければならない計算です。

そうなると、食事は18時前後にはとることになります。仕事は遅くとも20時には切り上げ(スキマ時間にやるとしても)、寝るための支度を行っていきます。

1万歩のウォーキング

フリーランスとはいえ、仕事をしながら毎日1万歩あるくというのは、そう簡単なことではありません。成人男性で約2時間弱かかるとされているため、時間の確保が必要です。

しかも、2時間というまとまった時間が必要になることを考えれば、あらかじめ、夜の買い物と一緒にすますなどの工夫が必要となります。

最近では、朝食と昼食のメニューを固定し、前日の夜に購入しています。ちなみに、朝はレトルトのカレー、昼はサラダとチキンを食べるようにしています。

赤身肉を食べるために

朝と昼のメニューが決まっていることもあり、必然的に、夜は赤身肉を中心に食べることになります。もちろん、毎日ステーキではあきてしまうので、工夫が必要です。

たとえば、シチューをつくって赤身肉を食べる。焼肉や焼き鳥など、別の方法で肉を食べるようにする。あまり意識せず、積極的に肉を食べるようにするつもりです。

ただ肉を食べるだけではつまらないので、その後の体調や体重などの推移も見守るつもりです。その結果、どのような変化がでるのか。チェックしていきたいと思います。

ルーティンを大切に

自分にとって最適なルーティンを構築することにより、日々の充実度が増していきます。もちろん、変化は必要だと思いますが、基本には忠実に過ごしていく。

その結果、いくつになってもハイパフォーマンスでいられるようにする。また、ムダなことに人生の時間を費やさないようにする。そうやって、自分を律していきたいと思います。

気力より体力 一流のコンディションを手に入れる
吉越 浩一郎
KADOKAWA (2016-08-04)
売り上げランキング: 27,494

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.