すくって食べる回転寿司の新メニュー|「カップSUSHI」スプーンでいかが スシローが発売

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カップ スプーン 寿司 スシロー

「カップSUSHI」スプーンでいかが スシローが発売|朝日新聞DIGITAL

 ターゲットは外国人?

見た目が可愛い「カップSUSHI」

 「カップ寿司」でいいと思うのだが、やはり狙いは外国人? と考えてしまうのは少々短絡的か。見た目の可愛さから、女性や子供にも照準を合わせているかもしれない。カップは使いまわせるし、機械で作れそうだ。

 と、まあ一般的な意見としてはそんなところだが、もちろん「消費増税対策」である。4月からはラーメンも売り出すそうだから(本体価格280円)、客単価を上げにきているのだろう。スプーンで食べる斬新さはあくまでもオマケだ。

消費増税に向けて

 そもそもこれでは回転寿司の利点がない。いっそのこと立ち食いの「寿司バー」でもつくって、大々的にカップSUSHIを売りだしてみてはどうか。小腹が空いたときにちょうど良さそうだ。

 個人的に寿司の良さは「一口サイズ」にあると思っている。それとあの独特な美しい流線型の「形状」だ。まるでネタが酢飯を包み込むかのような一体感。一皿で2カンも楽しめる。スプーンなどいらんのだ。

客を増やすか単価を上げるか

 いずれにしても店側は「客を増やす」か「客単価を上げるか」しなければ厳しい消費増税後となる。インフレ・デフレというよりも「消費の二極化」を意識すべきなので、中途半端な施策は逆効果な気もする。

 あくまでプロモーションの一環なのだろうが、普段食べない缶詰を買い占めているぐらいだから、増税後の消費者を動かすことは容易ではない。

すし図鑑
すし図鑑

posted with amazlet at 14.03.25
ぼうずコンニャク 藤原 昌高
マイナビ
売り上げランキング: 79,182

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.