“戦略的”な文章を書く際に意識しておきたい5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0022_000001

(読了時間 約3分)

働き方の多様化が進んでいる昨今。
ビジネスにおいては、企業だけでなく個人単位でも、“戦略”に基づいた計画立案をする必要があります。

状況の著しい変化、競合の乱立、競争の激化、予測不可能な展開、グローバル化。
このような、まさに「戦国時代」さながらの市況では、行き当たりばったりの日和見主義では、望んだような成果を上げることは難しいでしょう。

そこで、『戦略的な文章を書く際に意識しておきたい5つのポイント』をご紹介します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.つねに代替案を考慮する

とかく人は、特定の目的の為に書く文章に対して、「それが唯一無二のものであるかのように」考えてしまいがちです。
だからこそ、時間や労力を十分にかけて、最高のものを書こうとします。

しかし実際には、状況は常に変化しますし、時代とともに顧客の要望も移り変わります。
そしてそのサイクルは、想像以上に目まぐるしいものです。

だからこそ、文章を作成しながらも、常に代替案を考慮しながら作成する必要があるのです。

  • もし、思ったような反応が得られなかった場合は
  • もし、競合が思いがけない作戦に打って出たら
  • もし、市場で想定外の問題が発生したら

そうすることで、動揺することなく、その時々の状況に適した文章を作成することができます。

2.完璧主義に陥らない

常に完璧な文章を追い求める姿勢は、素晴らしいものです。
それはビジネスマンである以上、必須といえるでしょう。

しかし、完璧を求めるばかりに、その文章を投入する機を逸してしまっては本末転倒です

それは、締め切りや納期を守らないことと同じです。
そして市場は、売れっ子の漫画家に対する編集者の態度とは、比べ物にならないほど厳しい結果を突きつけます

流動性のある市場では、完璧な文章よりも、適切な判断力によるタイミングで投入できるよう、まずは文章を完成させることを目指しましょう。

3.断片的な結果ではなく、”決定的な要因”を把握する

  • サイトへの訪問を促すランディングページ
  • セミナーへと誘導する無料レポート
  • アポイントへとつなげるセールスレター

など
今、あなたが作成している文章の効果は、短期的で断片的な効果を期待して、作成しているのかもしれません。

しかし、頭の片隅には常に、「あなたのビジネスを成功させる為の”決定的な要因”」が無くてはなりません。
なぜならあなたは、最終的にビジネスを成功させるために、その文章を書いているからです。
短期的な結果である、サイトへの訪問や、セミナーの集客、アポイントの獲得は最終的なゴールではありません。

目標と目的。戦術と戦略。
この辺りをしっかり区別して、今一度”決定的な要因”を把握しましょう。
コジゲン一言メモで解説してます。)

4.可能なことから考える

人は、不可能なことから何かを生み出すことはできません。

頭ごなしに、不可能なものから消去法的に物事を分析すると、残るものはただの一般論か、妥協点です。
それでは、とても目的を果たす文章を書くことはできないでしょう。

必要なのは「可能なことから考える」ことです。
その中でもし、その可能な戦略に対する障害があるのなら、それを除去するべく対応しましょう。
そのようにして、やるべき事を明確化することで、最初の一歩を踏み出すことができます。

たとえ、その障害が除去できなくても、代替案や類似案の策定など、前向きな戦略立案へとつながります。

5.過去の事例や勘に頼り過ぎない

過去の事例、特に成功例や失敗例は、文章を書く際にもとても有効なツールです。
かの著名なコピーライターであるクロード・ホプキンス」は、名著『広告マーケティング21の原則』の中で

広告は確立された原則に基づく、十分に予測可能なビジネスとなっている。

と述べています。
このことからも分かるように、確立された原則というものは、多くの先達による、成果の集積であります。

また、いわゆる暗黙知と呼ばれる“勘”も、文章作成には無くてはならないものです。
名コピーライターが制作した文章の、間のとり方や、強調、句読点などは、読み手の五感に訴える内容となっています。
これは知識やスキル、センスとともに、勘によるところも大きいでしょう。

ただし、過去の事例や勘に頼りすぎるのも考えものです。
過去の事例にぶら下げれば、成長はできませんし、いつでも勘が頼りになるとは限らないからです。

そこで我々にできることは、物事に疑問を覚え、その裏付けをしっかりと分析することです。
過去の事例や勘とともに、しっかり自分の頭で思考するクセをつける。

そのような、目に見える事象を鵜呑みにしない姿勢から、新たな解決策や提案が生まれてくるのです。

文章を支配し戦略的に操ろう!

いかがでしたでしょうか。

戦略的な文章を書くためには、まず、自分自身の思考を矯正する必要があります
そして、物事を解決するための前向きな思考は、必ず読み手に伝わる文章となって、効果を発揮することでしょう。

ただ漠然と書かれた文章とは違い、その先には、書き手の”魂”が宿る確かな作品への昇華が待ってます。

コジゲン一言メモ

会社の目的(理念や最終的なゴール)を達成するためのシナリオが「戦略」で、
その戦略を達成(目標=通過点、チェックポイント)すべく行なう、個々の具体的なプロジェクトが「戦術」だよ!

参考

企業参謀―戦略的思考とはなにか

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […]   【参考】 誰でもノウハウを”戦略的に”利用できる5つの質問 “戦略的”な文章を書く際に意識しておきたい5つのポイント セールススキルを文章に応用する7つのポイント […]

webライティングをする前に確認すべき必須項目まとめ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.