ギャッツビーはなぜ「グレート」なのか?|本好きがやっている、本の中身をきちんと覚えるための3ステップ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本 覚える

本好きがやっている、本の中身をきちんと覚えるための3ステップ|ライフハッカー

 「読んだけど忘れた」をなくす方法。

なぜ忘れるのか?

 そもそもなぜ忘れるかと言えば、「記憶が定着していない」からだ。

 ただ、こと記憶という意味においては、量よりも「質」の方に注目すべきである。つまり、化学の元素記号を長期間にわたって覚えておくことは難しいが、止血の仕方、やけどの応急処置、救急車の呼び方、危険の回避法は忘れないものである。命にかかわることだからだ。

 そう考えると、忘れてしまったことは「たいした内容ではない」と言えなくはないだろうか。たとえ世界的に有名な古典から得た知識だとしても、必要がなければ覚えなくても良い。容量は限られているのだ。

外部記憶装置に保存する

 そのために「本」という外部記憶装置がある。

 自分なりにまとめておきたいのなら、箇条書きにでもして日記やブログに書けば良い。もちろん、記事にすれば他人が読んでも役に立つかもしれない。

 私は記憶力が良くないので、売った本をまた買ったり、過去に借りた本をまた借りることがしょっちゅうある。だが、その度に「新しい発見」があることも事実だ。新鮮な喜びも、である。

覚えるべきは本質

 良い本は、読む時期、読み手のスキル、心の大きさ、成長度合い、人間性、環境、その他あらゆる要素に左右されて、得られるものが異なる。それこそが良書を読むべき本当の理由だ。

 そういった本は、できるかぎり自宅の本棚に突っ込んでおいて、覚えるべきは「本質」だけで良い。『グレート・ギャツビー (新潮文庫)』に華々しく登場した人物の名前よりも、「どんな人間でも最後は讃えられるべきだ」という教訓の方がずっと大事だ。

記憶によく効く!本の読み方ドリル
園 善博
廣済堂出版
売り上げランキング: 101,782

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.