ブックライター奮闘記:出版社の裏側で繰り広げられる笑いと涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックライターの山中です。キーボードの音が私の音楽、アイデアの嵐の中でビジネス書を紡いでいます。最近、ある出版社からの依頼が舞い込み、その舞台裏には想像以上の波乱が広がっていました。

ブックライターの日常、意外とハード?

まず最初に気づいたのは、ブックライターの仕事は花のように華やかなイメージとは裏腹に、実は結構ハードなこと。アイデアの枯渇との戦い、締め切りのプレッシャー、そしてコーヒーの消費量が尋常ではないことなど、予想外の側面も多いんです。僕の机の周りは、使い古されたノートとコーヒーカップでいつも賑やか。

最近では、寝不足が味方し、アイデアが脳内で炸裂する瞬間が日課になりつつあります。なんといっても、夜中の三時、四次元ポケットのようなノートにアイデアをメモするのがお約束。しかし、それが朝になると何のことだかさっぱり。まるで別人が書いたようなテンションの差に、笑いと涙が入り交じります。

出版社の依頼、まさかのワガママぶり?

ある日、ある大手出版社からの仕事がやってきました。一見普通のビジネス書の執筆依頼だったのですが、実はそれはまさかのワガママぶりに満ちていました。キャラクターがヒーロー風に、そして各章ごとに猫の写真が必要だとか。私の頭の中には疑問符が舞い踊りましたが、仕事は仕事。やるしかありません。

何しろ、猫の写真選びが悪ければ、ビジネス書の内容がどれだけ素晴らしくても意味がありません。画像検索に明け暮れ、自分が猫になりきって本のテーマに沿ったポーズをとることも珍しくありません。これがプロの仕事とは、思いも寄らない一面に驚かされる毎日です。

ビジネス書と笑い、一体どこがつながる?

ビジネス書に笑いを取り入れるなんて、考えただけで馬鹿馬鹿しいと思いませんか?でも、それがこの仕事のポイント。真面目すぎても飽きられるし、軽すぎても伝わらない。バランス感覚が問われる中、私は笑いと教訓が入り混じったビジネス書を書くことに挑戦してみました。

ビジネス書の中に笑いを取り入れることで、読者は内容をより身近に感じ、学びが楽しいものに変わるのです。ただし、笑いすぎて本筋を見失わないように気をつけるのが鉄則。読者が思わず笑みを浮かべながらも、しっかりとしたメッセージを受け取ってくれることを期待しています。

ブックライターの山中、出版社の奇妙な要望に悩みつつも、笑いと教訓の融合を試みる日々。果たして、このプロジェクトは成功するのか?読者と共にその行く末を追っていくとしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です