文章の基本がライバルに絶対的な差をつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章の基本はセミナーよりも 文章の基本を身に付けることが、憎きライバルに差をつけるのに役立つ。
いや、端的に、文章の基本を身につければ、ライバルとの絶対的な差がつくと言える。

なぜなら、あなたのライバルは「文章の基本がビジネス力を上げる」ことを知らないからだ。

相手が努力家ならば、今よりも仕事量を増やして、ビジネス力を上げようとするだろう。
相手が勉強家ならば、読書や勉強会、セミナーでインプットし続けるだろう。

しかし、文章の基本を身につけようとはしない。

そこであなたは、ライバルに大きく差をつけることができるのだ。


もくじ

  1. 仕事量の増大には限界がある
  2. 結果は仕事の”質”にかかっている
  3. インプットの果てに何が残るか?
  4. 自己満足が生み出すもの
  5. 必要なのは「伝えること・共感してもらうこと」
  6. 自己メディア化への道

スポンサーリンク
[ad#ad-2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事量の増大には限界がある

いざ、仕事量を増やそうとすると、どうすればよいだろうか?
早朝出勤、休憩時間の削減、残業、仕事の持ち帰り、休日の返上…。

なるほど、確かにある程度、仕事量は増えるだろう。
しかし、仕事量に比例して、結果もついてくるだろうか?

答えは「否」である。
なぜなら、上記の仕事量の増加は、単なる「仕事”時間”の増加」でしかないからだ。

結果は仕事の”質”にかかっている

学生時代を思い返してみてほしい。
テスト勉強をしようとした場合に

  1. 朝5時に起きて、ダラダラテレビを見ながら夜中まで勉強する
  2. 適切な休憩をはさみながら、90分間集中して勉強する

このどちらが、成果につながるだろうか。
確実に後者だ。

これは仕事にも言えることで、結果を出すためには、仕事の”質”を無視することはできない。
そして、仕事の質を向上させるためには

  • 集中できる時間の活用
  • 集中できる場所の活用
  • やる気を持続させる工夫
  • 飽きない工夫
  • パフォーマンスを向上させる工夫
  • 「初速」と「締め切り」の活用
  • モチベーションの向上
  • コミュニケーションによるブレイクスルー

これらが欠かせない。
それでもまだ、仕事”時間”を増やすことが、結果につながると思うだろうか。

インプットの果てに何が残るか?

また、過度なインプットもいただけない。
勉強会だろうとセミナーだろうと、はたまた読書だろうと、媒体は問わない。

過度なインプットは自己満足につながるのだ。

この事実から目をそらし、”勉強しているから”と、他人を見下している人は多い。
そういった人は、一見くだらなく思える飲み会が、ブレイクスルーを生むことを知らない。

自己満足が生み出すもの

試しに、間近の勉強会でもセミナーでも読書でも良いが、そこで学んだことを、文章にしてみてほしい。
きっと、原稿用紙一枚(400文字)書くのが精一杯だろう。

無理もない。
所詮、一方通行のインプットでは、得られるものは少ないのだ。

彼は、勉強会やセミナーの主催者では無く、責任感は乏しい。失うものは金と時間ぐらいなものだ。
その後、誰かに向かってその内容をプレゼンすることもない。

当然、文章を書いて、外部に発信することもない。
これが、自己満足の限界だ。

必要なのは「伝えること・共感してもらうこと」

しかし、あなたの場合は違う。
これから、文章の基本、文章の書き方を学んで、実際に書こうと思っている。

つまり、継続的にアウトプットするための手法を、手に入れようとしているのだ。

アウトプットを前提としたインプットには、責任が伴う。
誰しも、「ここがテストに出る」と言われた内容は、必死に覚えようとするのと同じだ。

特に、ブログやSNSがコミュニケーションの基本となっている現代では、伝えること、そして共感してもらうことが何よりも大切だ。

自己メディア化への道

適切な文章で行ったアウトプットが、ソーシャルメディアで拡散し、共感に変わる。
そうなると、あなたのインプットは、より集中力を増すことになる。

「人から認めてもらう」という最大の快楽のために、あなたはより吸収しようとする。

しかも、楽しくてやっているのだから、飽きることもない。
仲間が増え、あなたという”メディア”を求めて、たくさんの人が交流を持ちかけるだろう。

下地にあるのは「文章の基本」。
それだけなのだ。

まとめ

  1. 仕事量の増大には限界がある
  2. 結果は仕事の”質”にかかっている
  3. インプットの果てに何が残るか?
  4. 自己満足が生み出すもの
  5. 必要なのは「伝えること・共感してもらうこと」
  6. 自己メディア化への道

あなたは、本を出版している人をどう思うだろうか?
また、何百万人にも閲覧されている、アルファブロガーをどう思うだろうか?

そこにあるのが「文章」だということを、今一度思い出してほしい。

スポンサーリンク
[ad#ad-1]

コジゲン一言メモ

文章のキソのキソは、義務教育ですでに身についているよ!
あとは、もうちょっと良くするために、工夫するだけなんだ!

参考

オススメ書籍

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.