「文章が書けない」は通用しない!ウェブ時代の到来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット(読了時間 約1.5分)

「文章が書けない」は、もはや通用しない。

インターネットの拡充によるウェブ時代の到来は、よりその事実を鮮明にしている。
なぜなら、誰もがウェブ上で文章を書く必要に迫られているからだ。

朝起きて、メールをチェックする。
相手の意図を把握し、適切な返答するのに文章を使う。

Facebookで朝の挨拶をする。
目を引く画像と、目を引くキャッチコピーが「いいね!」を誘う。

ブログ、ホームページ、チャット、ソーシャルメディア…。
これからの時代に必須なものにはすべて、「文章」が必要となる。


もくじ

スポンサーリンク
[googlead]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットが変えたもの

インターネットは、コミュニケーションの仕方を変えた。
リアルからネットへ、オフラインからオンラインへ。

そして、これからは「リアル×ネット」という相互のコミュニケーションが当たり前になっていく。
それは個人だけでなく、企業、事業主、店主などにも影響を与える。

つまり、消費者へのアプローチ手法が大きく変化しているのだ。

これまでは、テレビやラジオCM等のマスメディアによる広告が有力視されてきた。
そしてそれらは、実際に効果があるかのように感じてきた。

ただ、マスメディアの利用は限定的だ。

マスメディアの限界

マスメディアによる広告宣伝には、いくつかの問題がある。

  • 莫大な費用がかかるの
  • 大まかなイメージ広告しかできない
  • 費用対効果を測定できない

などがそれだ。

しかし、インターネットの普及は、これらの問題を解決する。

  • 細分化された消費者の行動や思考に、あわせた広告が打てる
  • 広告の費用対効果を、細かく計測できる
  • 媒体によっては費用はほとんどかからない

一見ネットでの広告は、中小企業、個人事業主、店主向きに思われるかもしれないが、大企業とて無視できる数字ではない。
スマートフォンやタブレット端末の普及で、場所を選ばなくなり、広告効果が拡大しているからだ。

その他に、インターネットが起こした変化には、以下の様なものがある。

1.情報があふれている

情報は、至ることころにあふれている。
つまり、簡潔でインパクトのあるキャッチコピーが必要となる。

2.消費者は忙しい

より安価に、より手軽に広告を打てるようになった。
しかし、忙しい消費者が目に留める広告はほんの一部だ。

3.良し悪しは消費者が選ぶ

消費者は趣味、思考、行動を、多くの情報から自分で選ぶようになった。
上から押し付けるだけの広告は、もはや受け入れられない。

4.スキマ時間・短時間でも買う

どんなに忙しくても、欲しいものがすぐに買えるなら、消費者は買う。
短時間で魅力を伝えることがカギとなる。

5.クロスメディア

ネットもリアルも取り入れた、「クロスメディア」が有力になる。
どちらしか使えないのでは、もはや生き残れない。

まとめ

いかがだろうか。
「文章が書けない」は、もはや通用しないことが分かっていただけただろう。

効果的なリストがあっても、魅力的なオファーがあっても、強力なコピーがなければ宝の持ち腐れだ。
そして、それが命取りになる。

スポンサーリンク
[googlead2]

コジゲン一言メモ

便利になった分だけ、現代人はより忙しくなったよ!
だからこそ、よりキャッチャーなコピーが必要なんだ!

参考

オススメ書籍

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.