文章表現一つであなたの人生が変わる5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数字 (読了時間 約2分)

文章表現、言葉のチョイス、タイトルの付け方、文章の長短…

大抵の人は、これらが、自分の人生とは何の関係も無い話だと思うだろう。
しかし、それは大いなる思い違いである。

なぜなら、文章表現一つでも、真剣に熟考した上で行えば、得られるものは多大だからだ。
そして、それが目に見える効果として現れれば、もはや疑いの余地はない。


もくじ

  1. 仮説が立てられる
  2. 検証の仕方が分かる
  3. 改善ができる
  4. 成長できる
  5. 数値で判断できるようになる

スポンサーリンク
[googlead]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目に見える効果

代理店任せで作ったチラシ。
とりあえず作ってみたホームページ。
律儀に更新しているブログ。
ソーシャルメディアで配信している何気ない言葉。

既存のそれらが、現在の何倍も何十倍もの働きをしてくれるとしたら、どうだろう。
しかも、目に見える効果、”数字”として現れたなら…。

自分の人生に、文章表現や言葉のチョイスが影響を与えたのだ、と思わざるをえないはずだ。

そして、人生に影響を与えるとは、具体的には以下の5つの能力を得られるということである。

1.仮説が立てられる

これまでに、行き当たりばったりで広告を打ったことはないだろうか?
また、ノウハウや小手先のテクニックを、ただただ繰り返してはいないだろうか?

だとすれば、あなたは永遠に報われることがない。

しかし、しっかりとした文章表現を学べば、あらかじめどの程度の反応が得られるのか、その「仮説」を立てることが可能になる。
予想される効果から、費用や時間や労力の投入量を逆算できるのだ。

つまり、人生の無駄を最小限に抑えることができるのである。

2.検証の仕方が分かる

このチラシは何が悪いのか?
現在のホームページに問題はあるのか?
DMは継続すべきなのか?

その答えは、内容、つまり文章にある。
どういった言葉を並べるのか、言い回しはどうするか、どこを削るべきか。

文章力があれば、投入した広告を「検証」することができる。
そして検証は、継続や改善の決断に、大いに役立つのだ。

3.改善ができる

反応が得られなかった。
しかし、市場には潜在顧客がいる。

仮説と検証からそれが分かっているなら、撤退するのはもったいない。
むしろ、改善することで反応が上がれば、爆発的な効果が得られる可能性がある。

文章を知れば改善ができる。

そしてさらなる効果を得たいなら、さらなる改善ができる。
広告はどんどん良くなっていく。古くなることはない。

改善ができれば、永遠に反応を得られるのだ。

4.成長できる

成長しない人間に未来は無い。
特に、ビジネスの世界ではそれが顕著だ。

維持しようと思っても、追随を押さえつけることはできない。
成長がなければ、広告も戦略もマーケティングも、過去の焼きまわしでしかない。

そこに結果がもたらされることはない。
世の中はもっとずっとシビアだ。

しかし、仮説、検証、改善は、常にあらたな価値を生む。
どんどんターゲットの欲求に近づいていく。同時に結果もついてくる。

それが成長だ。

5.数値で判断できるようになる

ビジネスでは、数字こそが人格である。
数字という結果がなければビジネスではない。

レスポンスが得られる文章を知れば、広告を数字で判断することができる。
イメージではなく、具体的な効果を計測できる。

数字は、なによりも説得力のある指標だ。

もちろん、ビジネスシーン意外でも、数字を意識することは説得力向上につながる。
抽象的な言葉が、キリッと引き締まって相手に響くようになる。

まとめ

  1. 仮説が立てられる
  2. 検証の仕方が分かる
  3. 改善ができる
  4. 成長できる
  5. 数値で判断できるようになる

これらは、文章表現を学ぶことで得られる恩恵だ。
この5項目は、あなたの人生の全ての場面で、劇的な効果を生むだろう。

スポンサーリンク
[googlead]

コジゲン一言メモ

「言霊」という言葉があるように、言葉には目には見えない力があるよ!
それを見える形にする努力こそ、真摯に文章に取り組むっていうことじゃないかな。

参考

オススメ書籍

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.