誰もが読んだあの名作のひみつ|ドラゴンボールの左と右と読みやすさの秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンボール

ドラゴンボールの左と右と読みやすさの秘密|ニカイドウレンジ公式ブログ

 名作『ドラゴンボール』はなぜ読みやすいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誰もが知ってるドラゴンボール

 ご多分にもれず私も夢中になった。

 ついつい読み始めると時間を忘れてしまう。先が気になる工夫が随所に盛り込まれているためだ。アニメでもマンガでも遜色なく楽しめるときたら、それはもう子どもたちだけでなく大人にとってもたまらない。

 どうやら読みやすさの秘密は「コマ割りの妙」にあったようだ。目線や体の動きに合わせてキャラクターが移動するために、読みながらスッと理解できる。マンガでそれができるのだから驚きだ。

 時間軸をつねに右から左となることで、どんなシーンでも違和感が全くない。

読みやすい記事

 文章の場合はどうだろう。

 web記事の場合には、文章は必ず「左から右」へと流れていく。そのことを無意識に理解している私たちは、自然と目の動きが左から右へと一定になる。結果、目の動きに反する文章というのは読みにくいことになるのだ。

 読みやすい記事を心がけるのはもちろん、行間、フォント、文字の大きさ、段落、強調、リンクなど、web記事ならではの「文章の流れ」にも注意したい。時間軸を左から右へと意識するだけでも、だいぶ変わるだろう。

気付きと応用

 大切なのは「気付き」とそれを「応用」することである。

 読まれるマンガ、読まれる記事には必ず理由がある。「こうあるべきだ」と考えるのは自由だが、読まれない作品に価値はないことを肝に銘じて精進していかなければなるまい。

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.