客が増えなきゃとやかく言わない|スカイマークのミニスカート制服に波紋 国交相も参戦し賛否両論

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイマーク 制服

スカイマークのミニスカート制服に波紋 国交相も参戦し賛否両論|FNN

 動きやすいとは思うが。

セクハラ誘発

 問題は見た目うんぬんもそうだが、「セクハラの誘発」につながらないかということだ。たとえば酔った客が足を触ったり、性的なサービスを強要することだろうか。

 それなら機内で酒を売るなという議論にも発展しそうだが、利権やらなんやらでたぶんなくならない。端的に反対する人が少ないのではなく、機内で酒を販売することで利益を得ている人間とのパワーバランスの問題だからだ(「売る」だけでなく「飲む」という観点からも)。

なぜCAだけ!?

 命をあずかっているからとの理由だけで、CAの制服だけがとやかく言われるのにも違和感がある。とりあえず仕事はできるだろうし、トラブルが無い限りはドタバタ走り回ることも無いはずだ。

 むしろ飛行機に乗る人間など限られているわけで(私はもう何年も乗っていない)、ほとんどがビジネスパーソンだろうから「女性」が活躍するようになれば問題あるまい。極論かも知れないが、女性の活躍は「美」という側面にも宿るのだ。

斬新さは必要

 発想としての斬新さを持ち続けなければ、ビジネスは加速しない。賛否両論ということはそれだけ注目されているということでもあるし、そういった意味ではミニスカの効果はとりあえずあったと言える。

 誰にでもわかるリスクにばかり目を向けるのではなく、問題を解決することで「新しい価値」が生まれることを行政はもっと学ぶべきだろう。

よくわかる航空業界 (最新業界の常識)
井上 雅之
日本実業出版社
売り上げランキング: 96,691

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.