ブログ文章は「ロングテール」で上位表示させよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ文章ブログ文章の基本は、良質なコンテンツを目指して書くことだ。

良質なコンテンツとは、読み手にとって価値があり、内容が面白く、継続的に更新されるものである。

しかし、良質で差別化できるようなコンテンツを、生み出し続けることは難しい。
老舗の大手企業ですら、ヒット商品をまれにしか世に送り出せないのと同じだ。

その裏では、何倍もの失敗作が、努力のかい無くして消えている。

では、数多くのブログ記事は、ヒット作が生まれるまで消え続ける運命なのか?

それは違う。

幸いにして、ブログには「ロングテール戦略」が使えるのだ。


もくじ

  • リアル店舗の商品たち
  • ネットによって売れ方が変わった
  • ニッチ商品の価値向上
  • ブログ記事におけるロングテール戦略の手順
  1. ビッグキーワードの選定
  2. 複合キーワードの作成
  3. 検索ボリュームを確認
  4. 複合キーワードの選定
  5. 複合キーワードを元に記事を書く

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リアル店舗の商品たち

ロングテールとは、「ネット販売における商品の売れ方や傾向」を表しているものである。

これまで商品は、売り場面積や在庫管理の問題から、売り上げによって選別されてきた。
つまり、売れ筋の商品は残され、売れない商品は廃棄されてきたのだ。

そうしないと、効率よく商売を行うことができなかったからだ。

ネットによって売れ方が変わった

しかし、インターネットの普及によって、状況は変わった。
オンライン上には無限の売り場スペースがあり、在庫に関しても費用を抑えて管理できるようになったのだ。

特に、デジタルコンテンツをダウンロード販売する場合には、在庫という概念はもはや適用されず、そのための費用は皆無となった。

そのため、ニッチ商品、いわゆる”死に筋”商品も、販売が続けられるようになる。

すると、販売量と商品郡のグラフに変化が現れた。
一部の売れ筋商品と、たくさんのニッチ商品のグラフが、ロングテール(長い尻尾)のようになったのだ。

ロングテール

ニッチ商品の価値向上

こうして、店舗全体の売り上げは、売れ筋商品だけでなく、数多くのニッチ商品に支えられるようになった。
ニッチ商品の価値が向上したのである。

この傾向は、webストアの商品だけでなく、広告、エンターテイメント、ソフトウェアにも当てはまる。

そして、これをブログ記事にも適用させたのが、「ブログ文章におけるロングテール戦略」だ。
アクセスの少ないニッチ記事は、ロングテール戦略で生き続ける。

ブログ記事におけるロングテール戦略の手順

実際に、ブログでロングテール戦略を行う手順は次の通りだ。

1.ビッグキーワードの選定

まずは、ブログの「ビッグキーワード」を選定する。
使うのは、「Googleキーワードツール」だ。
(ただし、キーワードツールは今後使えなくなる予定なので、代わりにキーワードプランナーを利用しよう)

キーワードツールを使って、ブログのテーマに関連するビッグキーワードを探そう。
検索ボリュームがあり、競合性が少ないものを選ぶと良い。

2.複合キーワードの調査

ビッグキーワードが決定したら、次は関連ワードを調査しよう。
使うツールはGoogleキーワードツールでも良いし、その他のキーワード検索サイトでも良い。

オススメは「goodkeyword」だ。

3.検索ボリュームを確認

複合キーワードを調査して選定する際には、ビッグキーワード選定と同様に、検索ボリュームにも注目しておきたい。
ロングテール戦略においては、選定する複合キーワードの検索ボリュームが、必ずしも膨大である必要はない。

ただし、多いに越したことはないし、競合性は低いことが望ましい。

4.複合キーワードの選定

ツールを使って、キーワードの調査が終わったら、複合キーワードを選定しよう。
そこで選定した複合キーワードを使って記事を書くので、書く内容と照らしあわせておく必要がある。

また、この複合キーワードは、日々のブログ記事作成におけるテーマ設定のヒントになる。
SEO対策だけでなく、継続して記事を書く手助けをしてくれる、ということだ。

5.複合キーワードを元に記事を書く

複合キーワードを選定したら、さっそく記事を書こう。
複合キーワードを使う箇所は以下の通りだ。

  • <title>タグ
  • meta description(メタディスクリプション)
  • <h1>タグ
  • <alt>タグ
  • リンクのアンカーテキスト(外部対策)

ただし、含めすぎは禁物だ。
多くても、同じタグには2個以内に抑えるのが適当だろう。

また、タグ内では複合キーワードを<strong>で囲うことも、効果があるとされている。
繰り返すが、やり過ぎはスパム判定される可能性があるので、禁物だ。

まとめ

  • リアル店舗の商品たち
  • ネットによって売れ方が変わった
  • ニッチ商品の価値向上
  • ブログ記事におけるロングテール戦略の手順
  1. ビッグキーワードの選定
  2. 複合キーワードの作成
  3. 検索ボリュームを確認
  4. 複合キーワードの選定
  5. 複合キーワードを元に記事を書く

いかがだろうか。

ブログ文章のロングテール戦略は、「継続的に記事を書くこと」と、「ニッチ記事に価値を与える」ことにつながる。
また、適時、過去の記事をメンテナンスすることも大切だ。

ブログにロングテール戦略をほどこすことで、あなたのニッチ記事は無駄にならない。
それどころか、財産になるのだ。

スポンサーリンク

コジゲン一言メモ

ブログ継続のコツは、日々のテーマ設定だよ!
キーワードツールを使って、発想をふくらませよう!

参考

オススメ書籍

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 商品(記事)が売上に与える影響を考慮しよう ということだ。   ロングテールについてはこちらの記事も参考にしてほしい。 ブログ文章は「ロングテール」で上位表示させよう   […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.