パレートの法則(20-80の法則)で効率アップ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パレートの法則(20-80の法則)で無駄をなくそう「パレートの法則(20-80の法則)が無駄をなくす」

  • どの商品・サービスに力を入れるべきか。
  • また、どの顧客に注力して営業していくか。

その判断材料となるのが

『パレートの法則(20-80の法則)』だ。

パレートの法則は効率化と無駄の削減に大いに役立つ。

それは文章作成でも同じである。

スポンサーリンク

パレートの法則(20-80の法則)で無駄をなくそう2

パレートの法則とは

パレートの法則とは、経済学者パレートにより提唱された法則である。
内容は「顧客全体の上位20%が総売上の80%を占める」というものだ。

パーセントは業種によって若干違うものの、「一部の上位客が売上の大部分を占める」というポイントは一緒である。

それを応用すれば

  • 『一部の商品・サービス』が『売上』の大部分を占める
  • 『一部の社員』が『業績』の大部分を占める
  • 『一部の時間』が『仕事の成果』の大部分を占める

となる。

実際にあなたの周りで、このパレートの法則を検証してみてほしい。
当てはまるものがたくさんあるだろう。

文章について応用すると

これを文章について応用すると

  • 『一部の文章』が『内容』の大部分を占める
  • 『一部の広告』が『集客』の大部分を占める
  • 『一部の作品』が『売上』の大部分を占める

となる。

つまり、読み手に訴える文章、広告、作品は「とくに訴求するものがある」ということだ。

数多くのテストを通じて、”何が読み手を魅了するのか”がわかれば、文章作成はグッと有利になる。
そのポイントを探っていくことが計測の基本だ。

例えば

  • webサイト:『どのページ』が『アクション』へとつながっているか
  • チラシ:『どのチラシ』が『集客』への効果を発揮しているか
  • 各種書類:『どの書類』が『読み手』の心象を形成しているか

結果に一喜一憂するのではなく、データの積み重ねによって打率を上げていく。
それが文章力の向上となるのだ。

ECサイトやブログ記事では「ロングテール」も意識する

ただしECサイトやブログ記事においては「ロングテール」も考慮する必要がある。

つまり、
数多く存在するニッチ商品(記事)が売上に与える影響を考慮しよう
ということだ。

ロングテールについてはこちらの記事も参考にしてほしい。
ブログ文章は「ロングテール」で上位表示させよう

まとめ

  • パレートの法則とは
  • 文章について応用すると
  • ECサイトやブログ記事では「ロングテール」も意識する

いかがだろうか。

誰もが知っている法則だが、実際に運用できている人は少ない。
自分に関係する部分に照らしあわせて、何ができるか考えてほしい。

少なくとも自分の文章は「どの部分が活躍しているのか」、考えるクセをつけると良いであろう。

スポンサーリンク

コジゲン一言メモ

大切なのは「資源を適切な場所に投入すること」だよ!
あくまでも判断材料の一つということを忘れずに!

オススメ書籍

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.