やめないでとは言えないが|ダウンタウン・松本が考える、コンビの解散と引退「どこかでは絶対終わる」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンタウン 松ちゃん 解散

ダウンタウン・松本が考える、コンビの解散と引退「どこかでは絶対終わる」|ネタりか

 丸くなった果てに「解散」の二文字。

いつか終わりが

 正直言って松ちゃんは結婚して変わった。いや、子供が生まれてからだろうか? いずれにしても、笑いに対する貪欲さと「怒り」がなくなった。どちらかと言うと、彼はセンスよりも怒ることによって笑いをとってきたタイプだから、ファンとしては相当に悲しいことだ。

 無意味な怒声でも良い。できれば心の底から「常識」に対してムカついていることをドンドン言ってほしい。が、それももう無いだろう。「子供が見るかもしれない」という気持が頭の片隅にあるだろうから。

ファンはどう思うのか?

 たとえば、この記事にあるコメントついてもそうだ。ファンのことをまったく顧みていない。もちろんこれまでだって顧みていたかと言えばそんなことはないかもしれないが、それでも「ファンのために」笑いをとってきたことは間違いない。

 それが視聴者にハッキリと伝わっているから、根強いファンが減らないのだ。発想は相変わらず斬新だけど、以前は自分の分野(つまりお笑い)以外でつまらない持論を並べるような人ではなかった。少なくともそこには笑いがあった。

丸くなっただけじゃない

 いつまでも独身でいてくれればというのは結果論だし、あまりに独善的すぎる発想だが(生まれてきた子供にも申し訳ない)、ダウンタウンがほんとうに好きだからこそ残念ではある。終わることを語るのではなく、「気がつけば終わっていた」と昔の松ちゃんなら言ったはずだ。

クイック・ジャパン 104
クイック・ジャパン 104

posted with amazlet at 14.03.22
ダウンタウン 浜田雅功 綾野剛 東浩紀 園子温 藤田貴大 松本人志 木村祐一 YOU 小室哲哉 吉田豪 佐々木彩夏 ももいろクローバーZ Revo
太田出版
売り上げランキング: 65,626

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.