のぼせる前に風呂釜から出ること|すべての情報を遮断して、自分の頭だけで思考せよ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未知との出会い

すべての情報を遮断して、自分の頭だけで思考せよ|PRESIDENT Online

 「未知との出会い」「自分との対話」

日本は「生きやすい」

 日本はとかく生きやすい国だ。気候は温暖、インフラは充実、国の保障は手厚く、食べ物も贅沢品もあふれている。100円あれば酒も飲める。まるで極楽浄土だ。

 ただし弊害もある。いわゆる「平和ボケ」だ。いかに必死に毎日を生きているかのように装っても、飢えへの心配がほとんどない以上、やはり十二分に恵まれているのである。

 狭い了見、偏った思想、学ばず努力せず、ことなかれ主義の日和見的な日常。話題になることと言えば対岸の火事か、ワイドショーよろしく下劣な三面記事。ドラマの視聴率? いったい誰に何の関係があると言うのだ。

未知と自分と新たな出会い

 ぬるま湯につかっていることが問題なのではない。体がのぼせているのに、文句を言うだけで風呂釜からあがらないことが問題なのだ。たとえ裸一貫になったとしても、自分が本当になすべきことをする。それが人生というものだろう。

 未知なものにふれてみると良い。外国人、歴史、そして自分のなかにある自分の声。夜グッスリと眠れないのは深酒のせいではなく、本能が求めている毎日をおくっていないためなのではないのか、と。

 読書でも良い、コミュニティへの参加でも良い。ちょっと新しいことをしてみるのに必要なのは、わずかな勇気だけだ。偏見や常識は置いていこう。

「たぶん飢えない」ぐらいでちょうど良い

 ときには思いっきり飛び込んでみるのも良いだろう。なあに「たぶん飢えることはない」。私も明日が見えないような生き方をしているが、どうにも最悪の事態など起こりそうもない。たとえ明日死ぬとしても、充実した人生に一切の後悔はない。日本は“豊か”なのだ。

クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国  (集英社文庫)
若桑 みどり
集英社
売り上げランキング: 1,681

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.