お願い文章で相手を意のままに動かす5つのポイント

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お願い文章 「”お願い文章”で相手を意のままに動かそう!」

 人生において人にお願いすることはたくさんある。「仕事の依頼」「雑用の指示」「無理な契約の詰め」「就職活動」「プレゼン」「良心や友達へ」etc…

 それらのお願いは、自分を有利にするものだ。その成否によって、あなたのその後の展開は大きく変わる。ときには人生を左右することも。

 だからこそ、お願い文章をマスターして成功率を高めよう。お願いを成就させるための文章は、ポイントを押さえれば誰にでも書ける。

 以下にその秘訣を網羅した。


お願い 文章

お願いの成否をギャンブルにしない!

 形式的に文章を作成している以上、お願いの成否はギャンブルと同じだ。お願いの内容、相手の機嫌やタイミング、相手との関係などがその成否を左右する。つまり状況によって、相手の返事は「イエス」にもなれば「ノー」にもなる。

  • 「明日お伺いしてもよろしいでしょうか?」
  • 「システムを今日中に組み上げてくれないか?」
  • 「御社に入社させて下さい!」
  • 「週末にデートしませんか?」
  • 「結婚しよう!」

 しかし、”お願い文章”の作り方を知れば、成功確率はグッと上がる。人生をギャンブルの連続にしないために、ぜひマスターしておこう。

お願い文章を書くための5つのポイント

1.言葉をそのまま文書にしない

 形式的な文章を使用したり、思ったことをそのまま文章にしていると、その成否は相手次第になる。ストレートに伝えることは時に強力だが、結果はギャンブルと変わらない。

 あなたにも、何も考えずにお願いした結果、失敗したことがあるだろう。言葉はそのまま使うのではなく、加工する必要があるのだ。これからは、相手からイエスを貰うための文章は「技術」によるものだと認識し、テクニックを駆使しよう。

 そのためには、今までのように、言葉をそのまま文章にしないことが大切だ。

2.相手の気持ちを想像する

 お願いを成功させるためには、相手からイエスを得なければならない。相手のイエスは、相手の心情と大きく関係している。

   「自分なら、どうお願いされたら了承するだろうか?」 そのように、文章を作成する前に相手の気持ちを想像するクセを付けるのだ。過去、ついつい了承してしまったことがあれば、そのテクニックを真似するのも手だ。

 状況は無数にある。 使える技を日々量産させていこう。

3.相手の思考を先回りする

 相手が何を望んでいるのか考えてから文章を作成すると、成功率はグッと高まる。

  • 「この契約によって御社の業績が◯%upします」
  • 「この仕事であなたの知名度はさらに上がります」
  • 「購入することで◯◯な未来が待っています」
  • 「あなたが好きな◯◯に今度行きませんか?」

 書面でもメールでも、相手のメリットをよりわかりやすく伝えることが望ましい。ポイントは『相手の思考を良い方向に変える』こと。

 メリットには、相手にお願いをお願いと感じさせない効果がある。また、相手の嫌いなことやマイナス因子を排除する文面も、同様に効果的だ。

4.相手の功績を十分に認める

 相手への配慮は当然の礼儀だが、それ以上に「相手の功績を認める」必要がある。とくに正当な評価を受けていない人に対しては効果的だ。誰しも人から認められたいという欲求がある。

  • 「あなたにしかできない」
  • 「あなたの技術力が必要だ」
  • 「あなたはもっと評価されるべきだ」
  • 「あなたのやり方は間違っていない」
  • 「過去のこういった功績は称賛に値する」

 これらの言葉を文章に盛り込めば、お願いは相手のココロに刺さる。相手の自尊心をくすぐりながら、適度に盛り込んでいこう。

5.感謝の気持ちを強調する

 形式的な感謝の言葉ではなく、心のこもった感謝の言葉は強力だ。とくに、先に感謝されてしまうと、お願いを断ることは相手にとって心苦しい。

 あなたも次の文章を見たことがあるだろう。「いつもキレイに使っていただいてありがとうございます」 。これはコンビニのトイレなどに使われている文面だ。最初に感謝されることで「汚してはいけない」と思ってしまう。

 この文例は、通り一遍の感謝ではあるが、それでも効果はてきめんだ。心のこもった感謝なら、効果はどうであろう。その効果の程は想像に難くない。

まとめ

  • お願いの成否をギャンブルにしない!
  • お願い文章を書くための5つのポイント
  1. 言葉をそのまま文書にしない
  2. 相手の気持ちを想像する
  3. 相手の思考を先回りする
  4. 相手の功績を十分に認める
  5. 相手の功績を十分に認める

  いかがだろうか。”お願い文章”の書き方は決して難しくない。 相手にフォーカスすることによって、よりその成功率は上がっていく。

 お願いの成否をギャンブルにしないためにも、ぜひ参考にしていただきたい。

コジゲン一言メモ

 ”お願い”と”懇願”は違うよ! 相手にとって価値があるから、喜んで引き受けてもらえるんだ!

参考

オススメ書籍

ライター、アシスタント募集!

コジゲンでは、ライターやアシスタント(未経験可)を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.